AWS Lambdaから EC2起動&停止を行う

AWS Lambdaから EC2起動&停止を行う

2019-09-036 min read

目次

  1. 大まかな流れの紹介
  2. iamポリシー作成
  3. iamロール作成
  4. lambda作成
  5. 動作確認
  6. 参考

AWS Lambda から EC2 の起動と停止を行う方法の紹介。

大まかな流れの紹介

LambdaからEC2の起動・停止の関数作成までの大まかな流れは次のようになります。

IAMポリシー作成 ↓ IAMロール作成 ↓ Lambda関数作成 ↓ IAMロールのアタッチ

こんな流れになります。

IAMポリシー作成

AWSのIAMのページからポリシーを選択します。 ポリシーでは CloudWatch Logs 用のポリシーと、EC2インスタンス起動・停止用のポリシーを作成します。 CustomEc2StartStopPolicy

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "ec2:Start*",
                "ec2:Stop*"
            ],
            "Resource": "*"
        }
    ]
}

CustomCWLogsPutLogsPolicy

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "logs:CreateLogGroup",
                "logs:CreateLogStream",
                "logs:PutLogEvents"
            ],
            "Resource": "arn:aws:logs:*:*:*"
        }
    ]
}

ポリシーのアタッチが上手く行われていると次のように表示されます。

IAMロール作成

次にIAMロールを作成します。各項目は次の情報を入力します。

エンティティ: Lambda
アタッチするポリシー: ["CustomEc2StartStopPolicy", "CustomCWLogsPutLogsPolicy"]
ロール名: CustomEc2StartStopRoll

Lambda作成

次にLambdaを作成します。各項目は次のように設定しました。

関数名: StartStopEc2Func
ロール: CustomEc2StartStopRoll
ランタイム: Python3.7

ソースコードは次のように記述しました。

import boto3
 
def lambda_handler(event, context):
    region = event['Region']
    instances = event['Instances']
    ec2 = boto3.client('ec2', region_name=region)
    if event['Action'] == 'start':
        ec2.start_instances(InstanceIds=instances)
    elif event['Action'] == 'stop':
        ec2.stop_instances(InstanceIds=instances)
    else:
        return 1
    return 0

作成が完了すると次のように表示されます。

※この画像はCloudWatch Eventsを設定した場合の画像です。

動作確認

Lambdaのテストイベントからテストを行い、EC2の起動停止ができるか確認します。

起動テスト

起動のテストを行います。テスト名は任意の名前をつけてください。

Lambdaのテストから次のリクエストを行います。

(i-XXXXXXXXXXXXXXXXはEC2のインスタンスID)

{
  "Action": "start",
  "Region": "ap-northeast-1",
  "Instances": [
    "i-XXXXXXXXXXXXXXXX"
  ]
}

EC2のダッシュボードからインスタンス状態を確認し起動していれば成功です。

停止テスト

(i-XXXXXXXXXXXXXXXXはEC2のインスタンスID)

{
  "Action": "stop",
  "Region": "ap-northeast-1",
  "Instances": [
    "i-XXXXXXXXXXXXXXXX"
  ]
}

EC2のダッシュボードからインスタンス状態を確認し停止していれば成功です。

参考

https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/simple-auto-start-stop-for-ec2/

[AWS]LambdaでEC2の起動・停止を制御する

Tags
javascript(103)
linux(54)
amazon%20aws(47)
node.js(43)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
typescript(33)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mac(21)
mysql(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
docker(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
prisma(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
nestjs(5)
curl(4)
Author
githubzennqiita
ただの備忘録です。※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではないです。