AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成

AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成

2019-06-121 min read

目次

  1. 概要
  2. ユーザの作成
  3. ユーザの削除

概要

AWS S3 接続用のアカウントを作成する方法の紹介。 ここで作成するユーザはS3のオブジェクトの読み込みおよび書き込みができるものとします。

ユーザの作成

ユーザ作成ページまでの遷移

ユーザ作成権限のあるアカウントでログイン後、AWSマネジメントコンソールにアクセス。 右上のユーザ名のところから「Security Credentials」もしくは「マイセキュリティ資格情報」を選択。

「User」のタブを選択します

次にユーザ作成をクリックします。

アカウント詳細設定

名前は任意とします。

AWS SDKを使う場合やFTPクライアントを用いてファイルをアップロードする場合は「プログラムによるアクセス」をチェックします。

この作成したアカウントでマネジメントコンソールにアクセスする場合は「AWSマネジメントコンソールへのアクセス」を有効にします。

ここでは「プログラムによるアクセス」のみを洗濯したとして次に進みます。

アカウント権限の設定

S3オブジェクトに対してのreadおよびwriteの設定をします。

まず「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択。

ここで「AmazonS3FullAccess」をチェックします。

フィルターに「S3」と入力すると絞り込むことができます。

この次にタグなどを設定できますが、必須ではないため飛ばします。

アクセスキーIDとシークレットアクセスキー

作業が完了したら最後のページにアクセスキーIDとシークレットアクセスキーが表示されるのでメモしましょう。

この2つのアクセスキーがS3への認証時に必要となります。

ユーザの削除

上記に記した手順でユーザ一覧が表示されるページに遷移します。

消す対象のユーザを選択し、「ユーザの削除」をクリックします。

こんな感じで簡単に削除することができます。

Tags
javascript(103)
linux(54)
amazon%20aws(47)
node.js(43)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
typescript(33)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mac(21)
mysql(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
docker(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
prisma(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
nestjs(5)
curl(4)
Author
githubzennqiita
ただの備忘録です。※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではないです。