Cyberduck で AWS S3に接続する

Cyberduck で AWS S3に接続する

2019-06-123 min read

目次

  1. 概要
  2. cyberduck-で-s3に接続
  3. s3接続ユーザの作成
  4. s3バケットを作成する
  5. s3アクセス権限の公開設定
  6. アップロードを試す

概要

Macでよく使われているFTPクライアント「Cyberduck」 で AWS S3に接続する方法の紹介。

Cyberduck で S3に接続

検証環境

Cyberduck 7.0.0

https://cyberduck.io/

接続手順

Cyberduckを起動します。

左上の新規接続をクリックします。

接続先に「Amazon S3」を選択し、 アクセスキーID、シークレットアクセスキーを入力します。

これで接続できるかと思います。 アクセスキーID、シークレットアクセスキーの取得に関しては次のセクションを参考にしてください。

S3接続ユーザの作成

ユーザ作成ページまでの遷移

ユーザ作成権限のあるアカウントでログイン後、AWSマネジメントコンソールにアクセス。 右上のユーザ名のところから「Security Credentials」もしくは「マイセキュリティ資格情報」を選択。

「User」のタブを選択します

次にユーザ作成をクリックします。

アカウント詳細設定

名前は任意とします。

AWS SDKを使う場合やFTPクライアントを用いてファイルをアップロードする場合は「プログラムによるアクセス」をチェックします。

この作成したアカウントでマネジメントコンソールにアクセスする場合は「AWSマネジメントコンソールへのアクセス」を有効にします。

ここでは「プログラムによるアクセス」のみを洗濯したとして次に進みます。

アカウント権限の設定

S3オブジェクトに対してのreadおよびwriteの設定をします。

まず「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択。

ここで「AmazonS3FullAccess」をチェックします。

フィルターに「S3」と入力すると絞り込むことができます。

この次にタグなどを設定できますが、必須ではないため飛ばします。

アクセスキーIDとシークレットアクセスキー

作業が完了したら最後のページにアクセスキーIDとシークレットアクセスキーが表示されるのでメモしましょう。

公開バケットを作成する場合は次の手順を参考にしてください。

S3バケットを作成する

AWSのコンソールからS3を選択します。

オプションの設定

S3の画面

S3へ遷移したら、「バケットを作成する」ボタンを押下すると、モーダルウィンドウが立ち上がるのでそこから設定を入力します。

ここでは特に設定はしていません。 必要なオプションがあれば任意で選択して「次へ」をクリックします。

アクセス許可の設定

ここで以下の4つのチェックボックスからチェックが外れていることを確認します。

  • 新規のパブリック ACL と、パブリックオブジェクトのアップロードをブロックする (推奨)
  • パブリック ACL を通じて付与されたパブリックアクセスを削除する (推奨)
  • 新規のパブリックバケットポリシーをブロックする (推奨)
  • バケットにパブリックポリシーがある場合、パブリックアクセスとクロスアカウントアクセスをブロックする (推奨)
チェックがついていれば外します。

バケット作成が成功すると一覧に表示されます。

S3アクセス権限の公開設定

バケットが作成できたら、もう一度S3のバケット一覧から作成したバケットを選択します。

アクセス権限 → バケットポリシーでポリシーを入力します。

ポリシー入力例

上記の画像のように以下のバケットポリシーを適用させます。

{
  "Version":"2012-10-17",
  "Statement":[
    {
      "Sid":"AddPerm",
      "Effect":"Allow",
      "Principal": "*",
      "Action":["s3:GetObject"],
      "Resource":["arn:aws:s3:::examplebucket/*"]
    }
  ]
}

ポリシーの適用が成功すると黄色い文字で「パブリック」という文字が現れます。

※ examplebucketのところは自身のバケット名に変えます。

このような状態になればパブリックへの公開が成功しています。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/dev/example-bucket-policies.html

アップロードを試す

再びバケットを選択し、アップロードボタンを選択し画像を選択し決定するとアップロードされます。

公開設定が正しくなされていれば、オブジェクトURLにアクセスできるはずです。

Recommends
Cyberduck で AWS S3に接続する
2019-06-12
amazon%20aws
mac
amazon%20s3
AWS S3のオブジェクト一覧をPHPで表示させる
2019-06-19
amazon%20aws
php
amazon%20s3
AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成
2019-06-12
amazon%20aws
linux
amazon%20s3
Amazon S3 でライフサイクルポリシーを設定する
2022-06-19
amazon%20aws
amazon%20s3
GatsbyからNext.jsへのサイト移行
2022-04-04
next.js
gatsby
amazon%20aws
GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイ...
2020-05-27
amazon%20aws
amazon%20s3
github
WordPressを静的サイトに変換するプラグインの紹介。WP2Static
2019-12-07
wordpress
cms
amazon%20s3
SAA試験対策 AWS BlackBeltを写経する
2019-09-29
amazon%20aws
amazon%20ec2
amazon%20s3
AWS BlackBeltを写経する EC2編
2019-12-21
amazon%20aws
amazon%20ec2
amazon%20s3
AWS Lambdaから EC2起動&停止を行う
2019-09-03
amazon%20aws
iam
lambda
S3 + CloudFront でコンテンツをHTTPS配信
2019-08-17
amazon%20aws
amazon%20s3
cloudfront
AWS System Manager(SSM)でEC2にSSHを実行! ポート解放なし
2019-08-14
amazon%20aws
linux
ubuntu
S3 で静的サイトをホスティングする
2019-01-25
amazon%20aws
amazon%20s3
S3にパブリック公開バケットを作成する
2019-01-25
amazon%20aws
amazon%20s3
AWS Certified Developer Associate に合格した
2022-01-01
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
New Posts
Amazon S3 でライフサイクルポリシーを設定する
2022-06-19
amazon%20aws
amazon%20s3
AWS Certified Developer Associate に合格した
2022-01-01
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
Fisher-Yates shuffleで配列シャッフル [js/ts/php]
2022-06-19
javascript
node.js
typescript
JavaScriptでUTF-16コードを文字列に変換
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]乱数でランダムな整数を生成する
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]BigIntでMathが使えない件
2022-06-12
javascript
node.js
atcoder
AWS SAPに合格しました
2022-06-11
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
[AWS]DataSync/Storage Gateway/Transfer Family...
2022-05-29
amazon%20aws
[AWS CDK]ECS FargateでNestJSで作成したRESTfull APIデ...
2022-05-24
nestjs
amazon%20aws
aws%20cdk
[AWS CDK]S3 CloudFront OAI Route53 構成 で NextJ...
2022-05-23
amazon%20aws
aws%20cdk
typescript
[CDK]SNS+SQS+DynamoDBでBounceとComplaint情報を収集する...
2022-04-11
amazon%20aws
node.js
typescript
[AmazonSES] node.js と ejs を利用してEメールを送信する
2022-04-09
javascript
node.js
amazon%20aws
GatsbyからNext.jsへのサイト移行
2022-04-04
next.js
gatsby
amazon%20aws
[AWS CDK] Lambda で S3 オブジェクトを読み書きするStackの構築
2022-03-18
aws%20cdk
amazon%20aws
typescript
[AWS CDK] S3 + CloudFrontの構築とOriginAccessIden...
2022-03-09
amazon%20aws
aws%20cdk
typescript
Hot posts!
Proxy環境下でcurlを実行する
2019-12-07
linux
curl
OpenCVのMatのタイプ一覧表
2018-11-25
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Macでも利用できるDBクライアント MySQL PostgreSQL Oracle など
2019-12-21
linux
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
mysql
TablePlusを使ってみる。シンプルでモダンなSQLクライアントツール
2018-09-30
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
DBクライアントツールはDBeaverをおすすめしたい
2021-03-08
oracle
mysql
sqlite
AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成
2019-06-12
amazon%20aws
linux
amazon%20s3
AtCoderで初めて色がつくまでの話(茶色) レートが中々上がらなかった原因
2018-11-25
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
%E9%9B%91%E8%AB%87
CentOS8でEPELとPowerToolsリポジトリの有効化
2020-11-30
centos
red%20hat
EPEL
Macでターミナルからポートスキャンを行う方法。
2018-12-09
linux
mac
apple
Python + OpenCVのfillConvexPolyで複雑なポリゴンを描画する
2018-11-27
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Date
▶︎
2022 年 (31)
▶︎
2021 年 (40)
▶︎
2020 年 (30)
▶︎
2019 年 (90)
▶︎
2018 年 (89)
▶︎
2017 年 (1)
Tags
javascript(96)
linux(47)
amazon%20aws(45)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
node.js(34)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
php(24)
centos(24)
typescript(23)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
canvas(18)
mac(18)
opencv(17)
mysql(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(15)
wordpress(15)
atcoder(14)
docker(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
mariadb(8)
aws%20cdk(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
curl(4)
webassembly(4)
ssh(4)
Author
s-yoshiki
s-yoshiki
githubzenntwitterqiita
ただの備忘録です。
JavaScript/TypeScript/node.js/React/AWS/OpenCV
※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではありません。