Cyberduck で AWS S3に接続する

2019-06-12
amazon%20awsmacs3%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%92%B0%E5%A2%83iamcyberduck
    

目次

概要

Macでよく使われているFTPクライアント「Cyberduck」 で AWS S3に接続する方法の紹介。

Cyberduck で S3に接続

検証環境

Cyberduck 7.0.0

https://cyberduck.io/

接続手順

Cyberduckを起動します。

左上の新規接続をクリックします。

接続先に「Amazon S3」を選択し、 アクセスキーID、シークレットアクセスキーを入力します。

これで接続できるかと思います。 アクセスキーID、シークレットアクセスキーの取得に関しては次のセクションを参考にしてください。

S3接続ユーザの作成

ユーザ作成ページまでの遷移

ユーザ作成権限のあるアカウントでログイン後、AWSマネジメントコンソールにアクセス。 右上のユーザ名のところから「Security Credentials」もしくは「マイセキュリティ資格情報」を選択。

「User」のタブを選択します

次にユーザ作成をクリックします。

アカウント詳細設定

名前は任意とします。

AWS SDKを使う場合やFTPクライアントを用いてファイルをアップロードする場合は「プログラムによるアクセス」をチェックします。

この作成したアカウントでマネジメントコンソールにアクセスする場合は「AWSマネジメントコンソールへのアクセス」を有効にします。

ここでは「プログラムによるアクセス」のみを洗濯したとして次に進みます。

アカウント権限の設定

S3オブジェクトに対してのreadおよびwriteの設定をします。

まず「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択。

ここで「AmazonS3FullAccess」をチェックします。

フィルターに「S3」と入力すると絞り込むことができます。

この次にタグなどを設定できますが、必須ではないため飛ばします。

アクセスキーIDとシークレットアクセスキー

作業が完了したら最後のページにアクセスキーIDとシークレットアクセスキーが表示されるのでメモしましょう。

公開バケットを作成する場合は次の手順を参考にしてください。

S3バケットを作成する

AWSのコンソールからS3を選択します。

オプションの設定

S3の画面

S3へ遷移したら、「バケットを作成する」ボタンを押下すると、モーダルウィンドウが立ち上がるのでそこから設定を入力します。

ここでは特に設定はしていません。 必要なオプションがあれば任意で選択して「次へ」をクリックします。

アクセス許可の設定

ここで以下の4つのチェックボックスからチェックが外れていることを確認します。

  • 新規のパブリック ACL と、パブリックオブジェクトのアップロードをブロックする (推奨)
  • パブリック ACL を通じて付与されたパブリックアクセスを削除する (推奨)
  • 新規のパブリックバケットポリシーをブロックする (推奨)
  • バケットにパブリックポリシーがある場合、パブリックアクセスとクロスアカウントアクセスをブロックする (推奨)
チェックがついていれば外します。

バケット作成が成功すると一覧に表示されます。

S3アクセス権限の公開設定

バケットが作成できたら、もう一度S3のバケット一覧から作成したバケットを選択します。

アクセス権限 → バケットポリシーでポリシーを入力します。

ポリシー入力例

上記の画像のように以下のバケットポリシーを適用させます。

{
  "Version":"2012-10-17",
  "Statement":[
    {
      "Sid":"AddPerm",
      "Effect":"Allow",
      "Principal": "*",
      "Action":["s3:GetObject"],
      "Resource":["arn:aws:s3:::examplebucket/*"]
    }
  ]
}

ポリシーの適用が成功すると黄色い文字で「パブリック」という文字が現れます。

※ examplebucketのところは自身のバケット名に変えます。

このような状態になればパブリックへの公開が成功しています。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/dev/example-bucket-policies.html

アップロードを試す

再びバケットを選択し、アップロードボタンを選択し画像を選択し決定するとアップロードされます。

公開設定が正しくなされていれば、オブジェクトURLにアクセスできるはずです。

    
s-yoshiki
s-yoshiki
githubtwitterqiita
Web作ってますが、インタラクティブなプログラミングも好きです。
JavaScript / Vue / node.js / PHP / AWS / OpenCV

関連記事

Amazon S3 と ローカルファイルのチェックサムの比較
s3apiでEtagを取得 検証 マルチアップロード時の注意点 Amazon S3 の Etagを使ってファイルの整合性チェックをする。 s3apiでEtagを取得 S3 APIを利用するとEtagを取得します。この値はmd5のハッシュ値になります。 検証 MD…

GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイする
GitHub Actions について あらかじめ準備しておくもの AWS IAM ユーザを環境変数にセットする workflowの記述 ビルド バッジを利用する 終わりに 参考にしたところ Gatsbyで作った静的サイトを、GitHub Actions…

WordPressやめます Gatsbyに移行しました
これまでのWordPress運用 なぜWordPressを捨てるのか? なぜGatsbyを利用するのか? gatsbyについて WordPressから記事の救出 移行対象記事の抽出 記事の置換 Gatsbyテーマの作成 Gatsby…

AWS BlackBeltを写経する EC2編
問われやすいサービス EC2 AWSサービス別資料 https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/aws-jp-webinar-service-cut/ 問われやすいサービス EC2 Amazon EC2 (201…

Macでも利用できるDBクライアント MySQL PostgreSQL Oracle など
デスクトップ系ツール TablePlus DBeaver MySQL Workbench Sequel pro Webアプリケーション phpMyAdmin Adminer 参考 Macで利用できるDB (MySQL PostgreSQL Oracle…

WordPressを静的サイトに変換するプラグインの紹介。WP2Static
静的化の目的 WP2Static StaticPress Simply Static 3つを比較して WordPressを静的化するプラグインとして、simply staticやStaticPress、WP2Static…

WordPressをAmazon S3 + CloudFront構成で月額200円で運用
システム全体の この構成のメリット・デメリット AWSの構成 静的ページを作成するWordPressプラグイン WP2Static WP Offload Media Lite WordPress on Docker環境 まとめ AmazonS…

inotify-tools rsync unison を利用してディレクトリを同期する
環境・バージョン情報等 inotify-tools バージョン情報 インストール inotifywait + rsync で同期する inotifywait + unison で同期する unisonの設定 同期コマンド 参考 inotify-tools…

fswatch rsync unison を使ってリアルタイムで同期する
環境・バージョン情報等 fswatch バージョン情報 インストール fswatch + rsync で同期する fswatch + unison で同期する unisonの設定 同期コマンド 参考 fswatch + rsync or fswatch…

SAA試験対策 AWS BlackBeltを写経する
はじめに 写経の例 EC2 EBS

最新の投稿

SQL整形ツールを作成した
特徴 使い方 FW/ライブラリ等 nuxt sql-formatter-plus Monaco Editor おまけ ソース SQL整形ツールを作成しました。 URLはこちらです。 SQL…

ファイルの1行目を表示 Linuxコマンド head
head コマンド例 headコマンドでファイルの 1行目もしくは指定した行数だけ表示する方法。 head 利用できるオプション コマンド例 の 1行目だけを表示 の 5行目までを表示 カレントディレクトリ以下の全てのtxtファイルの1行目を表示

Amazon S3 と ローカルファイルのチェックサムの比較
s3apiでEtagを取得 検証 マルチアップロード時の注意点 Amazon S3 の Etagを使ってファイルの整合性チェックをする。 s3apiでEtagを取得 S3 APIを利用するとEtagを取得します。この値はmd5のハッシュ値になります。 検証 MD…

github.io / gitlab.ioで公開されている質の高い技術ドキュメント
AWSによるクラウド入門 Pythonプログラミング入門 普通の人が資産運用で99点をとる方法とその考え方 2018年の段階で私が知らないこと github.io / gitlab.io で無料で公開されている興味深いドキュメントのmemo AWS…

10進数から2進数 2進数から10進数への変換 JavaScript
10進数から2進数 2進数から10進数 テスト 10進数から2進数、2進数から10進数への変換を行うJavaScriptのコードの紹介。 JSの場合、10進数から2進数への変換はメソッド。2進数から1…

JavaScriptの配列ショートハンド (AtCoder用)

JavaScriptでワーシャルフロイド法を実装
AtCoder ABC012 D問題 D - バスと避けられない運命 解説 実装 AtCoder ABC012 の D問題でワーシャルフロイド法が利用できる問題が出てきたので、 JavaScriptで実装しました。 AtCoder ABC012 D問題 D…

GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイする
GitHub Actions について あらかじめ準備しておくもの AWS IAM ユーザを環境変数にセットする workflowの記述 ビルド バッジを利用する 終わりに 参考にしたところ Gatsbyで作った静的サイトを、GitHub Actions…

cloudinaryによる画像ファイルの管理 はじめてみる
目的 cloudinary について 他のサービスとの比較 料金プラン アカウントの登録 利用してみる ダッシュボード 画像の編集 APIベースでのアクセス 感想 参考 画像の管理や配信、さらには加工といった事ができるsaas型のcloud…

JavaScriptによる2分探索(バイナリサーチ) のサンプルコード
2分探索について ソース 参考 JavaScriptで2分探索(バイナリサーチ)を実装してみました。…

Tags

Dates

© 2020   404 motivation not found