JavaScript + canvasで画像変換処理をするときのスニペット

2018-09-03
html5javascript
    

目次

概要

canvasはJSによって図形などを描画する際に使われます。 canvasに描画された画像はピクセルに対して参照・操作することが可能なので、 これを用いて画像変換処理を行うことができます。

デモ画像

この記事では自分がよく使うスニペットを置いときます (自分用メモ、※随時更新中)

ソース

変換後の画像例です。 基本的にはImageDataオブジェクトを利用することで、画像はピクセルに対して参照・操作することが可能なのです。 ImageData.dataは1次元の画像配列で[r,g,b,a,r,g,b,a,....]といった形で格納されてます。

グレイスケール

var src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
var dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
    var x = (src.data[i] + src.data[i + 1] + src.data[i + 2]) / 3
    dst.data[i] = dst.data[i + 1] = dst.data[i + 2] = x
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}
ctx.putImageData(dst, 0, 0)

2値化

var src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
var dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
    var x = (src.data[i] + src.data[i + 1] + src.data[i + 2]) / 3
    if (int_thresh > x) {
        x = 255
    } else {
        x = 0
    }
    dst.data[i] = dst.data[i + 1] = dst.data[i + 2] = x
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}
ctx.putImageData(dst, 0, 0)

ネガポジ変換

var src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
var dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
    dst.data[i] = Math.abs(255 - src.data[i])
    dst.data[i + 1] = Math.abs(255 - src.data[i + 1])
    dst.data[i + 2] = Math.abs(255 - src.data[i + 2])
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}
ctx.putImageData(dst, 0, 0)

ガンマ補正

var src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
var dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
var int_g = 2.0
const correctify = val => 255 * Math.pow(val / 255, 1 / int_g)
for (let i = 0; i < src.data.length; i += 4) {
    dst.data[i] = correctify(src.data[i])
    dst.data[i + 1] = correctify(src.data[i + 1])
    dst.data[i + 2] = correctify(src.data[i + 2])
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}
ctx.putImageData(dst, 0, 0)

デモ

別ウィンドウで開く

サンプルコード

const cv = {
    grayscale: (src, dst) => {
        for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
            let x = (src.data[i] + src.data[i + 1] + src.data[i + 2]) / 3
            dst.data[i] = dst.data[i + 1] = dst.data[i + 2] = x
            dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
        }
    },
    threshold: (src, dst, int_thresh) => {
        int_thresh = int_thresh || 120
        for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
            let x = (src.data[i] + src.data[i + 1] + src.data[i + 2]) / 3
            if (int_thresh > x) {
                x = 255
            } else {
                x = 0
            }
            dst.data[i] = dst.data[i + 1] = dst.data[i + 2] = x
            dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
        }
    },
    reverse: (src, dst) => {
        for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
            dst.data[i] = Math.abs(255 - src.data[i])
            dst.data[i + 1] = Math.abs(255 - src.data[i + 1])
            dst.data[i + 2] = Math.abs(255 - src.data[i + 2])
            dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
        }
    },
    gamma: (src, dst, int_g) => {
        int_g = int_g || 2.0
        const correctify = val => 255 * Math.pow(val / 255, 1 / int_g)
        for (let i = 0; i < src.data.length; i += 4) {
            dst.data[i] = correctify(src.data[i])
            dst.data[i + 1] = correctify(src.data[i + 1])
            dst.data[i + 2] = correctify(src.data[i + 2])
            dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
        }
    }
}

const canvas = document.getElementById("canvas")
const default_imageurl = document.getElementById("img_src").value
drawImage(default_imageurl)

document.getElementById("menu").addEventListener("change", () => {
    try {
        let func_code = document.getElementById("menu").value || ""
        drawImage(default_imageurl, () => {
            let ctx = canvas.getContext('2d')
            let src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
            let dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
            cv[func_code](src, dst)
            ctx.putImageData(dst, 0, 0)
        })
    } catch (e) {
        alert(e)
    }
})

function drawImage(url, evt) {
    let ctx = canvas.getContext('2d')
    let image = new Image()
    image.src = url
    image.onload = () => {
        canvas.width = image.width
        canvas.height = image.height
        ctx.drawImage(image, 0, 0)
        evt()
    }
}

関連

https://tech-blog.s-yoshiki.com/2018/01/10/

https://tech-blog.s-yoshiki.com/2018/07/197/

    
s-yoshiki
s-yoshiki
githubtwitterqiita
Web作ってますが、インタラクティブなプログラミングも好きです。
JavaScript / Vue / node.js / PHP / AWS / OpenCV

関連記事

[JS]ラジアンから度数に度数からラジアンに変換する
コード 度数からラジアンへ ラジアンから度数へ サンプル ラジアンから度数に度数からラジアンに変換する際のスニペット。 コード 度数からラジアンへ ラジアンから度数へ サンプル

JS/TSのclassでclass名を取得する
コード JS/TSのconstructorを利用して自分自身のクラス名を取得する際のメモ。 コード このコードの結果は次のようになります。

JSで32ビット符号付き整数に対してのビット演算でハマった
具体例 参考にしたサイト JSでサブネットマスクの計算を行おうとしたとき、ビット演算でハマりました。その時のメモです。 JSでサブネットマスクの計算 JSでビット演算子を利用する場合 3…

JSでIPアドレスがサブネットマスクで指定した範囲内にあるか判定する
IPアドレスが指定した範囲内にあるかどうか判定 参考にしたサイト JSでIPアドレス(IPv4)が指定したサブネットの範囲に含まれるか判定するロジックを作った時の記録です。 IPアドレスが指定した範囲内にあるかどうか判定 処理としては、IP…

プログラムの数値計算で発生する誤差の種類 丸め誤差・打ち切り誤差・桁落ち
はじめに 誤差の種類 丸め誤差 打ち切り誤差 桁落ち 情報落ち 桁溢れ誤差 参考にしたサイト コンピュータで出てくる誤差はいくつかありますが、 それらをコードに落として整理しました。 はじめに 例えば の計算の答えは 0.6666666666…

JSでサブネットマスクの計算
JSによるサブネットマスク関連の計算 IPv4アドレス文字列をNumber型に変換する CIDR と サブネットの相互変換 ネットワークアドレス と ブロードキャストアドレス クラス 改めて計算方法を整理する 参考にさせていただいたサイト JSでIPv…

AWS Amplify に Next.js (SSG) で作ったアプリをデプロイする
はじめに 操作 Next.js (React) アプリの作成、Gitへのプッシュ AWS Amplifyでプロジェクト作成 参考にしたサイト この記事では、React / Next.js アプリケーションを作成し、AWS Amplify…

Typescriptに入門した
初期作業 とりあえずHello World 初期作業 typescript環境を作っていきます。 とりあえずHello World まず、次のサンプルコードを作成します。 typescriptファイルをビルドします。

Vue/Nuxt.js 触ってた人が Next.js に入門する
はじめに 実施環境 学習ガイド Create a Next.js App Navigate Between Pages ページの作成 リンク Assets, Metadata, and CSS Assets メタデータ CSS…

10進数から2進数 2進数から10進数への変換 JavaScript
10進数から2進数 2進数から10進数 テスト 10進数から2進数、2進数から10進数への変換を行うJavaScriptのコードの紹介。 JSの場合、10進数から2進数への変換はメソッド。2進数から1…

最新の投稿

[JS]ラジアンから度数に度数からラジアンに変換する
コード 度数からラジアンへ ラジアンから度数へ サンプル ラジアンから度数に度数からラジアンに変換する際のスニペット。 コード 度数からラジアンへ ラジアンから度数へ サンプル

CentOS8 に Python + OpenCV をインストール
インストール テスト CentOS8 で標準で提供されているパッケージで Python + OpenCV 環境を構築する方法です。 検証した環境は CentOS8.3 (Docker) です。 インストール まず opencv…

[Perl] CentOS8 に plenv をインストール
インストール Step1 事前準備 Step2 PATHを通す (README通りにインストール) Step2 PATHを通す ($HOME以外にplenvをインストール) Step3 Perlインストール Step4 cpanmインストール CentOS…

JS/TSのclassでclass名を取得する
コード JS/TSのconstructorを利用して自分自身のクラス名を取得する際のメモ。 コード このコードの結果は次のようになります。

CentOS6(Docker)でyum update できなくなった
エラー内容 対応 CentOS6.10 で yum update しようとしたところエラーが出てアップデートできなかったので対応した時の記録 エラー内容 以下のようなエラーが出ました。 対応 を以下のように変更したところ解決しました。

PostfixでメールリレーしてMailHogで受信する開発用Dockerコンテナの構築
環境 Dockerイメージ作成 コンテナの起動 telnetで送信テスト phpで送信テスト Postfixのリレーを介して送信されたメールをMailHog(開発用SMTPサーバ)でキャッチするDocker開発環境を構築した際のメモです。 環境 Docker…

GitLab.com のコンテナレジストリで1つのプロジェクトに複数のDockerイメージをpushする
手順 GitLab.com のコンテナレジストリで1つのプロジェクトに複数のDockerイメージをpushする方法についてのメモです。 手順 まず、gitlab.comにて適当なリポジトリを…

Python poetryでパッケージ開発 PyPIで公開 Pytestでテスト CIをGitHub Actionsで回す
Poetry でパッケージ開発 pytest でユニットテストを実施しカバレッジを算出する パッケージをビルドし PyPI で公開する 検証環境にデプロイする 本番環境にデプロイする GitHub Actions で CI を回す codecovの設定 GitHub…

Perlでconstant(定数)をhashのキーに使う
ハマった事象 解決方法 1 括弧をつける 2 & をつける 参考にしたサイト Perlでconstant(定数)をhash…

php-fpmのステータスページを表示 Apache & htaccess
試した環境 php-fpm の pm.status_path について php-fpmのconfの設定 .htaccess の設定 アクセスしてみる 参考にしたサイト Apache環境で php-fpm のステータスページを htaccess…

Tags

Dates

© 2021   404 motivation not found