Linuxシェル変数と環境変数の違いと、基本的なコマンド 【LinuCお勉強】

Linuxシェル変数と環境変数の違いと、基本的なコマンド 【LinuCお勉強】

2018-10-091 min read

目次

  1. 概要
  2. コマンド一覧

概要

シェル変数と環境変数の話

キーワード: bash set env export declare

コマンド一覧

シェル変数

設定されたシェルだけが使用する変数。子プロセスには引き継がれない。 setコマンドでシェル変数一覧を表示することができる。

削除するにはunsetコマンドを用いる。

$ test=123
$ set | grep test
test=123

主なシェル変数として以下のものが存在する。

PWD カレントディレクトリの絶対パス
PATH コマンド検索のパス
HOME ユーザのホームディレクトリ
LANG 言語情報

環境変数

設定されたシェルとその起動したプログラムが使用する変数。 子プロセスに引き継がれる。

また、exportコマンドを用いてシェル変数を環境変数にセットする。

envコマンドまたはprintenvで一覧を表示することができる。

$ export test=123
$ env | grep test
test=123

Tags
javascript(103)
linux(54)
amazon%20aws(47)
node.js(43)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
typescript(33)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mac(21)
mysql(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
docker(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
prisma(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
nestjs(5)
curl(4)
Author
githubzennqiita
ただの備忘録です。※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではないです。