OpenSSL をソースビルドする

OpenSSL をソースビルドする

2023-01-092 min read

目次

  1. 概要
  2. 環境
  3. openssl-30

概要

OpenSSL をソースビルドした際の備忘録です。

https://www.openssl.org/source/

環境

debian:bullseye-slim コンテナにて実施

OpenSSL 3.0

ビルド〜インストール

以下のコマンドでビルド〜インストールを行います。

$HOME/opensslの下にインストールするようオプションを指定しています。

cd /tmp
apt update
apt install -y wget perl gcc make # ビルドに必要なツール
apt install -y zlib1g-dev # openssl の依存関係
wget https://www.openssl.org/source/openssl-3.0.7.tar.gz
tar -xf openssl-3.0.7.tar.gz
cd openssl-3.0.7
./Configure  --prefix="$HOME/openssl" shared zlib
make
make install

これでインストールは完了です。 5分くらいかかると思います。

呼び出す

# 共有ライブラリのパスを設定
export LD_LIBRARY_PATH="$HOME/openssl/lib:$LD_LIBRARY_PATH"
# パスを通す
export PATH="$HOME/openssl/bin/:$PATH"
$ which openssl
/root/openssl/bin/openssl
$ openssl version
OpenSSL 3.0.7 1 Nov 2022 (Library: OpenSSL 3.0.7 1 Nov 2022)
Tags
javascript(103)
linux(54)
amazon%20aws(47)
node.js(43)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
typescript(33)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mac(21)
mysql(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
docker(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
prisma(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
nestjs(5)
curl(4)
Author
githubzennqiita
ただの備忘録です。※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではないです。