Vue/Nuxt.js 触ってた人が Next.js に入門する

Vue/Nuxt.js 触ってた人が Next.js に入門する

2021-01-0317 min read

目次

  1. 概要
  2. はじめに
  3. create-a-nextjs-app
  4. navigate-between-pages
  5. assets-metadata-and-css
  6. プリレンダリング
  7. 動的ルート
  8. apiルーティング
  9. デプロイ
  10. 参考にしたサイト

概要

React / Next.jsに入門しました。一番最初のHelloWorldから、簡単なアプリケーションを作成するところまでを記録しました。

はじめに

今まで Vue Nuxt.js を利用したことはありましたが、ReactNext.js は利用したことがありませんでした。 Vueは学習して行く上でつまづく部分が少なく、データバインディング(Vueのmodel)も扱いやすかったです。 しかしながら、「VueよりもReact」論が多く見られたため、Next.js を触ってみることにしました。(React要素は省略)

実施環境

$ node --version
v15.5.0
$ npm --version
7.3.0

学習ガイド

Next.js Learn (Basic) https://nextjs.org/learn/basics/create-nextjs-app に沿って学習していきたいと思います。

Create a Next.js App

まずは Hello World を実施します。 https://github.com/vercel/next-learn-starter はNext.jsのスターターテンプレートとなっています。 これを利用します。

npx create-next-app nextjs-blog --use-npm --example "https://github.com/vercel/next-learn-starter/tree/master/learn-starter"
cd nextjs-blog
npm run dev

http://localhost:3000/ を開きます。"Welcome to Next.js!" と表示されます。

セットアップ

npx create-next-app nextjs-blog --use-npm --example "https://github.com/vercel/next-learn-starter/tree/master/navigate-between-pages-starter"
cd nextjs-blog

ページの作成

pages/posts/first-post.js

export default function FirstPost() {
  return <h1>First Post</h1>
}

http://localhost:3000/posts/first-post にアクセス

pagesディレクトリはルーティングも兼ねている。 ファイル名がパスとなる。

pages/posts/first-post.js # http://localhost:3000/posts/first-post
pages/index.js # http://localhost:3000/

リンク

<Link href="/"></Link> でリンクを実装する。aタグは利用しない。

pages/index.js

import Link from 'next/link'

export default function () {
    return (
        <Link href="/posts/first-post">
          <a>this page!</a>
        </Link>
    )
}

Assets, Metadata, and CSS

セットアップ

npx create-next-app nextjs-blog --use-npm --example "https://github.com/vercel/next-learn-starter/tree/master/assets-metadata-css-starter"
cd nextjs-blog

Assets

画像などのアセットは public/に配置する。robots.txtなどもここに配置する。

メタデータ

Headタグを利用する

import Head from 'next/head'
<Head>
  <title>Create Next App</title>
  <link rel="icon" href="/favicon.ico" />
</Head>

CSSスタイリング

styled-jsxを利用してCSS-in-JSを実現する例。

<style jsx>{`

`}</style>

レイアウトコンポーネント

前提としてコンポーネントはcomponentsディレクトリに配置する

components/layout.js

export default function Layout({ children }) {
  return <div>{children}</div>
}

コンポーネントを利用する場合。

pages/posts/first-post.js

import Head from 'next/head'
import Link from 'next/link'
import Layout from '../../components/layout'

export default function FirstPost() {
  return (
    <Layout>
      <Head>
        <title>First Post</title>
      </Head>
      <h1>First Post</h1>
      <h2>
        <Link href="/">
          <a>Back to home</a>
        </Link>
      </h2>
    </Layout>
  )
}

cssモジュールを作成する場合は

components/layout.module.css

.container {
  max-width: 36rem;
  padding: 0 1rem;
  margin: 3rem auto 6rem;
}

components/layout.js

import styles from './layout.module.css'

export default function Layout({ children }) {
  return <div className={styles.container}>{children}</div>
}

グローバルスタイル

styles/global.css

html,
body {
  padding: 0;
  margin: 0;
  font-family: -apple-system, BlinkMacSystemFont, Segoe UI, Roboto, Oxygen, Ubuntu,
    Cantarell, Fira Sans, Droid Sans, Helvetica Neue, sans-serif;
  line-height: 1.6;
  font-size: 18px;
}
/* 省略 */

pages/_app.js

import '../styles/global.css'

export default function App({ Component, pageProps }) {
  return <Component {...pageProps} />
}

プリレンダリング

※プリレンダリングの方式についてはこちらで解説しています。

セットアップ

npx create-next-app nextjs-blog --use-npm --example "https://github.com/vercel/next-learn-starter/tree/master/data-fetching-starter"

プリレンダリングの2つの方式

  • Static Generation (SSG): ビルド時にHTMLを生成する事前レンダリング方法
  • Server Side Rendering (SSR): クエストごとにHTMLを生成する事前レンダリングする方法

その他にも、Client Side Rendering(CSR)やIncremental Static Regeneration(ISR)が存在します。

https://my-chakra-app-chi.vercel.app/にて、 実際の挙動を確認できます。

その他特徴

  • ページごとレンダリング方式を選択できる

SSGとSSRの使い分け

可能な限りSSGを利用すべき。

SSGの使い道は次のようなもの。

  • マーケティングページ
  • ブログ
  • Eコマース製品リスト
  • ヘルプ&ドキュメント

頻繁に更新されるデータを利用する際にはSSRを利用する。

データがある場合とない場合の静的生成

SSGにおいて getStaticProps を利用すると ビルド時にデータ取得を行い初期データの表示を行う。

export default function Home(props) { ... }

export async function getStaticProps() {
  // Get external data from the file system, API, DB, etc.
  const data = ...

  // The value of the `props` key will be
  //  passed to the `Home` component
  return {
    props: ...
  }
}

SSRでは getServerSidePropsを利用する。

export async function getServerSideProps(context) {
  return {
    props: {
      // props for your component
    }
  }
}

クライアントサイドからデータをフェッチする際にはSWRを利用すべきである。 SEOが関係しないプライベートなユーザー固有のページではクライアントサイドでのレンダリングが向いている。

import useSWR from 'swr'
function Profile() {
  const { data, error } = useSWR('/api/user', fetcher)
  if (error) return <div>failed to load</div>
  if (!data) return <div>loading...</div>
  return <div>hello {data.name}!</div>
}

動的ルート

セットアップ

npx create-next-app nextjs-blog --use-npm --example "https://github.com/vercel/next-learn-starter/tree/master/dynamic-routes-starter"

ダイナミックルート

/user/taro /user/jiro のようなルーティングを単一のファイルで処理する

ファイル名は [id].js のような書式にする。

例(SSGの場合)

pages/posts/[id].js

import Layout from '../../components/layout'

export default function Post() {
  return <Layout>...</Layout>
}

// getStaticPaths はSSG用APIであり、ダイナミックルート使用時に静的ファイルを生成するためのもの。
export async function getStaticPaths() {
  // fallbackは事前ビルドしたパス以外にアクセスしたときの動作を決めるもの
  return {
    [
      '/path/1',
      '/path/2',
      '/path/3',
    ],
    fallback: false
  }
}

export async function getStaticProps({ params }) {
  // Fetch necessary data for the blog post using params.id
}

この例では getStaticPaths を使用してすべての可能なブログ投稿をフェッチし getStaticPropsを使用してIDを指定して特定の投稿をフェッチします。

APIルーティング

nextでAPIサーバを立てることも可能。

セットアップ

npx create-next-app nextjs-blog --use-npm --example "https://github.com/vercel/next-learn-starter/tree/master/api-routes-starter"

シンプルなAPI

pages/api/hello.js

export default function handler(req, res) {
  res.status(200).json({ text: 'Hello' })
}

http://localhost:3000/api/hello にアクセスすると次のようなレスポンスとなる。

{ "text": "Hello" }

デプロイ

vercelが良いらしい。

参考にしたサイト

Next.js Learn (Basic) を試して学んだ Next.js の基礎の基礎 - kakakakakku blog https://kakakakakku.hatenablog.com/entry/2020/02/07/113525

Next.jsにおけるSSG(静的サイト生成)とISRについて(自分の)限界まで丁寧に説明する - Qiita https://qiita.com/thesugar/items/47ec3d243d00ddd0b4ed

Recommends
Vue/Nuxt.js 触ってた人が Next.js に入門する
2021-01-03
javascript
react
next.js
GatsbyからNext.jsへのサイト移行
2022-04-04
next.js
gatsby
amazon%20aws
NextJSでDevToysのようなものを作成した
2022-02-22
javascript
typescript
vercel
[Next.js] Warning: Assign arrow function to a...
2022-02-13
javascript
typescript
next.js
AWS Amplify に Next.js (SSG) で作ったアプリをデプロイする
2021-01-07
javascript
react
next.js
[NestJS]少し大きな規模のRESTfull APIを構築するディレクトリ構成を考えて...
2022-09-04
nestjs
typescript
%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3
Fisher-Yates shuffleで配列シャッフル [js/ts/php]
2022-06-19
javascript
node.js
typescript
javascriptで累積和を解く
2022-02-27
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
atcoder
NestJSアプリケーションをwebpackでBundle
2022-02-20
javascript
typescript
nestjs
TypeScriptに入門した
2021-01-04
javascript
typescript
npm
Prisma MySQL でUTC以外の任意のタイムゾーンを利用するのが難しい件
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript MySQLなプロジェクトの構築
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript SQLiteなプロジェクトの構築
2022-08-06
prisma
typescript
sqlite
JavaScriptでUTF-16コードを文字列に変換
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]乱数でランダムな整数を生成する
2022-06-18
javascript
node.js
New Posts
[JS]Intl.DateTimeFormatで和暦と西暦を変換
2022-08-18
javascript
[NestJS]少し大きな規模のRESTfull APIを構築するディレクトリ構成を考えて...
2022-09-04
nestjs
typescript
%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3
Prisma MySQL でUTC以外の任意のタイムゾーンを利用するのが難しい件
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript MySQLなプロジェクトの構築
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript SQLiteなプロジェクトの構築
2022-08-06
prisma
typescript
sqlite
[AWS]Lambda vs Fargate. APIを実装する場合に思うこと
2022-07-30
amazon%20aws
amazon%20ecs
%E9%9B%91%E8%AB%87
macOSにzigをインストールしてHello World!する
2022-07-18
zig
mac
[AWS CDK] Cognito の OIDC プロバイダに Auth0 を設定
2022-07-03
auth0
amazon%20aws
aws%20cdk
Amazon S3 でライフサイクルポリシーを設定する
2022-06-19
amazon%20aws
amazon%20s3
AWS Certified Developer Associate に合格した
2022-06-19
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
Fisher-Yates shuffleで配列シャッフル [js/ts/php]
2022-06-19
javascript
node.js
typescript
JavaScriptでUTF-16コードを文字列に変換
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]乱数でランダムな整数を生成する
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]BigIntでMathが使えない件
2022-06-12
javascript
node.js
atcoder
AWS SAPに合格しました
2022-06-11
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
Hot posts!
Proxy環境下でcurlを実行する
2019-12-07
linux
curl
OpenCVのMatのタイプ一覧表
2018-11-25
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Macでも利用できるDBクライアント MySQL PostgreSQL Oracle など
2019-12-21
linux
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
mysql
TablePlusを使ってみる。シンプルでモダンなSQLクライアントツール
2018-09-30
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
DBクライアントツールはDBeaverをおすすめしたい
2021-03-08
oracle
mysql
sqlite
AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成
2019-06-12
amazon%20aws
linux
amazon%20s3
AtCoderで初めて色がつくまでの話(茶色) レートが中々上がらなかった原因
2018-11-25
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
%E9%9B%91%E8%AB%87
CentOS8でEPELとPowerToolsリポジトリの有効化
2020-11-30
centos
red%20hat
EPEL
Macでターミナルからポートスキャンを行う方法。
2018-12-09
linux
mac
apple
Python + OpenCVのfillConvexPolyで複雑なポリゴンを描画する
2018-11-27
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Date
▶︎
2022 年 (39)
▶︎
2021 年 (40)
▶︎
2020 年 (30)
▶︎
2019 年 (90)
▶︎
2018 年 (89)
▶︎
2017 年 (1)
Tags
javascript(98)
amazon%20aws(47)
linux(47)
node.js(38)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
typescript(28)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mysql(19)
mac(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
docker(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
curl(4)
webassembly(4)
ssh(4)
Author
s-yoshiki
s-yoshiki
githubzenntwitterqiita
ただの備忘録です。
JavaScript/TypeScript/node.js/React/AWS/OpenCV
※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではありません。