回転ルーレットを作る JavaScript + canvas

2019-01-17
html5javascriptcanvas%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88
    

目次

概要

JavaScriptとcanvasで回転するルーレットを作りました。

Runボタンを押すと回転開始。stopボタンを押すと減速を始め、数秒後に停止します。 ライブラリとかは使っていません。

デモ

まずはデモをみてください。

外部ウィンドウで開く

デモ画像

簡単な解説

ソースコード上のポイントを簡単に説明します。 サンプルソースが汚いのはご容赦ください。

扇型の描画

デモにもあるようにこの円盤は複数の扇型図形を並べて描画しています。 この扇型はCanvas API の CanvasRenderingContext2D.arc()で描画されています。

context.beginPath();
context.moveTo(150, 150)
context.fillStyle = "#f3f3f3";
context.arc(150, 150, 100, 0 * Math.PI / 180, 45 * Math.PI / 180, true);
context.fill();

ここでmoveToメソッドで始点を与えることで扇型を描画することができます。

サンプルソースはデモの座標と同じように(150, 150)を中心とし、半径が100で、0度から45度の扇型を描画します。

扇型の描画に関する解説はこちらにも掲載しています。

https://tech-blog.s-yoshiki.com/2019/01/1037/

減速

イベント開始と同時に setInterval関数を用いて、0.01秒ごとに円の角度をずらしながら繰り返し描画しています。

ストップボタンが押されたら回転速度が徐々に下がるようになっています。 減速のロジック自体はy = a / x のような簡単な反比例の式を使って実装しています。

ソース

const canvas = document.getElementById("canvas")
const context = canvas.getContext('2d');

var center = {
    x: 150,
    y: 150
}

var radius = 100

var data = [{
        name: "label1",
        color: '#FFCEBE',
        weight: 1
    },
    {
        name: "label2",
        color: '#CEFFBE',
        weight: 1
    },
    {
        name: "label3",
        color: '#CEBEFF',
        weight: 1
    },
    {
        name: "label4",
        color: '#FDED9E',
        weight: 1
    }
]

var sum_weight = 0
var unit_weight = 0
var stopFlag = false;
var startFlag = false;

//
// メイン処理
//
data.forEach(e => {
    sum_weight += e.weight
})
unit_weight = 360 / sum_weight

init()

showLabel()

drawRoullet(0)

function drawRoullet(offset) {
    var uw_count = offset

    data.forEach(e => {
        drawPie(center.x, center.y, uw_count, uw_count + unit_weight, radius, e.color)
        uw_count += unit_weight
    })
}

function runRoullet() {
    var count = 1; //終了までのカウント
    var lastCell = "";
    var deg_counter = 0 // 角度のカウント
    var acceleration = 1

    var timer = setInterval(function() {

        deg_counter += acceleration

        if (stopFlag) {
            count++;
        }

        if (count < 1000) {
            acceleration = 1000 / (count)
            drawRoullet(deg_counter);
        } else {
            count = 0;
            clearInterval(timer);
            endEvent();
        }
    }, 10);

    var endEvent = function() {
        count++;
        var id = setTimeout(endEvent, 115);
        if (count > 9) {
            clearTimeout(id);
            startFlag = false;
            stopFlag = false;
            var current_deg = Math.ceil(deg_counter % 360)
            var sum = 0
            for (var i = 0; i < data.length; i++) {
                if (unit_weight * sum < current_deg && current_deg < unit_weight * (sum + data[i].weight)) {
                    document.getElementById("debug").innerHTML = data[i].name
                    break
                }
                sum += data[i].weight
            }
        }
    };
}

document.getElementById("run").addEventListener("click", function() {
    // スタート連打を無効化
    if (startFlag === false) {
        runRoullet();
        startFlag = true;
    } else {
        startFlag = false;
    }

});

document.getElementById("stop").addEventListener("click", function() {
    if (startFlag) {
        stopFlag = true;
    }
});

function init() {
    canvas.width = 300;
    canvas.height = 300;

    var dst = context.createImageData(canvas.width, canvas.height);
    for (var i = 0; i < dst.data.length; i++) {
        dst.data[i] = 255
    }
    context.putImageData(dst, 0, 0);
}

function drawPie(cx, cy, start_deg, end_deg, radius, color) {
    var _start_deg = (360 - start_deg) * Math.PI / 180;
    var _end_deg = (360 - end_deg) * Math.PI / 180;

    context.beginPath();
    context.moveTo(cx, cy)
    context.fillStyle = color; //塗りつぶしの色は赤
    context.arc(cx, cy, radius, _start_deg, _end_deg, true);
    context.fill();

    showArrow()
}

function showLabel() {
    var label_el = document.getElementById("labels")

    var text = "<table>"

    for (var i = 0; i < data.length; i++) {
        text += `
        <tr>
        <td style="width:20px;background-color:${data[i].color};"></td>
        <td>${data[i].name}</td>
        </tr>`
    }

    text += "</table>"

    label_el.innerHTML = text
}

function showArrow() {
    context.beginPath();
    context.moveTo(center.x, center.y - radius);
    context.lineTo(center.x + 10, center.y - radius - 10);
    context.lineTo(center.x - 10, center.y - radius - 10);
    context.closePath();
    context.stroke();
    context.fillStyle = "rgba(40,40,40)";
    context.fill();
}
    
s-yoshiki
s-yoshiki
githubtwitterqiita
Web作ってますが、インタラクティブなプログラミングも好きです。
JavaScript / Vue / node.js / PHP / AWS / OpenCV

関連記事

10進数から2進数 2進数から10進数への変換 JavaScript
10進数から2進数 2進数から10進数 テスト 10進数から2進数、2進数から10進数への変換を行うJavaScriptのコードの紹介。 JSの場合、10進数から2進数への変換はメソッド。2進数から1…

JavaScriptの配列ショートハンド (AtCoder用)

JavaScriptでワーシャルフロイド法を実装
AtCoder ABC012 D問題 D - バスと避けられない運命 解説 実装 AtCoder ABC012 の D問題でワーシャルフロイド法が利用できる問題が出てきたので、 JavaScriptで実装しました。 AtCoder ABC012 D問題 D…

JavaScriptによる2分探索(バイナリサーチ) のサンプルコード
2分探索について ソース 参考 JavaScriptで2分探索(バイナリサーチ)を実装してみました。…

Firebase + Nuxt で認証付きページを作るときに参考にしたいところ
Webアプリケーションのセッション管理にJWT導入を検討する際の考え方 Service Worker によるセッション管理 ユーザー セッションの管理 Nuxt.jsとFirebaseでSPA×SSR×PWA×サーバーレスを実現する CookieとセッションとJWT SSR…

JavaScriptで幅優先探索 (bfs) を実装する
bfsソースコード 前提 bfs関数 テストコード JavaScriptで幅優先探索 (bfs) を実装し簡単な最短経路の探索問題を解いてみました。 AtCoderの問題を参考にしています bfsソースコード 前提 bfs 関数の定義について 引数 table…

JavaScriptでbig-integerでできること
定数 メソッド abs add, plus and bitLength compare compareTo compareAmb divide, over divmod equals, eq greater, gt greaterOrEquals, geq…

0埋め・ゼロ埋め処理 のコードJavaScript
サンプル コード 呼び出す 説明 参考 追記 JavaScriptで 0埋め / ゼロ埋め / zero埋め 処理を行うサンプルコード サンプル コード 呼び出す 説明 記事タイトルが…

順列・組み合わせ のサンプルコード JS [permutation] [combination]
順列 - permutation サンプルコード Usage 組み合わせ - combination サンプルコード Usage 順列(permutation) と 組み合わせ(combination) のサンプルコードをJavaScript…

うるう年を求めるプログラム JavaScript
閏年の条件 サンプルコード 判定関数 21世紀のうるう年を算出する うるう年を求める実装メモです。 閏年の条件 閏年の条件は以下の通りとなります。 https://www.nao.ac.jp/faq/a0306.html サンプルコード 判定関数 2…

最新の投稿

SQL整形ツールを作成した
特徴 使い方 FW/ライブラリ等 nuxt sql-formatter-plus Monaco Editor おまけ ソース SQL整形ツールを作成しました。 URLはこちらです。 SQL…

ファイルの1行目を表示 Linuxコマンド head
head コマンド例 headコマンドでファイルの 1行目もしくは指定した行数だけ表示する方法。 head 利用できるオプション コマンド例 の 1行目だけを表示 の 5行目までを表示 カレントディレクトリ以下の全てのtxtファイルの1行目を表示

Amazon S3 と ローカルファイルのチェックサムの比較
s3apiでEtagを取得 検証 マルチアップロード時の注意点 Amazon S3 の Etagを使ってファイルの整合性チェックをする。 s3apiでEtagを取得 S3 APIを利用するとEtagを取得します。この値はmd5のハッシュ値になります。 検証 MD…

github.io / gitlab.ioで公開されている質の高い技術ドキュメント
AWSによるクラウド入門 Pythonプログラミング入門 普通の人が資産運用で99点をとる方法とその考え方 2018年の段階で私が知らないこと github.io / gitlab.io で無料で公開されている興味深いドキュメントのmemo AWS…

10進数から2進数 2進数から10進数への変換 JavaScript
10進数から2進数 2進数から10進数 テスト 10進数から2進数、2進数から10進数への変換を行うJavaScriptのコードの紹介。 JSの場合、10進数から2進数への変換はメソッド。2進数から1…

JavaScriptの配列ショートハンド (AtCoder用)

JavaScriptでワーシャルフロイド法を実装
AtCoder ABC012 D問題 D - バスと避けられない運命 解説 実装 AtCoder ABC012 の D問題でワーシャルフロイド法が利用できる問題が出てきたので、 JavaScriptで実装しました。 AtCoder ABC012 D問題 D…

GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイする
GitHub Actions について あらかじめ準備しておくもの AWS IAM ユーザを環境変数にセットする workflowの記述 ビルド バッジを利用する 終わりに 参考にしたところ Gatsbyで作った静的サイトを、GitHub Actions…

cloudinaryによる画像ファイルの管理 はじめてみる
目的 cloudinary について 他のサービスとの比較 料金プラン アカウントの登録 利用してみる ダッシュボード 画像の編集 APIベースでのアクセス 感想 参考 画像の管理や配信、さらには加工といった事ができるsaas型のcloud…

JavaScriptによる2分探索(バイナリサーチ) のサンプルコード
2分探索について ソース 参考 JavaScriptで2分探索(バイナリサーチ)を実装してみました。…

Tags

Dates

© 2020   404 motivation not found