ドロネー図を描画 Python + OpenCV

ドロネー図を描画 Python + OpenCV

2018-11-178 min read

目次

  1. 概要
  2. 環境
  3. subdiv2d
  4. デモ
  5. 参考

概要

タイトルにもあるようにPython + OpenCVを用いてドロネー図を描画するサンプルを紹介します。

顔のランドマークを検出 Python + OpenCV + dlib を使う」で紹介した、 顔の特徴点を抽出と行く行くはマージさせようと思っています。

それにしてもPythonのサンプルが思ったより少ないこと...

環境

  • Python 3.7.0
  • OpenCV 3.4

Subdiv2D

ドロネー三角形の分割の計算にはOpenCVのSubdiv2Dクラスを利用します。

Subdiv2Dのドキュメント

デモ

サンプルソース

import cv2
import numpy as np
import random

def rect_contains(rect, point) :
    if point[0] < rect[0] :
        return False
    elif point[1] < rect[1] :
        return False
    elif point[0] > rect[2] :
        return False
    elif point[1] > rect[3] :
        return False
    return True

def draw_delaunay(img, subdiv, delaunay_color ) :

    triangleList = subdiv.getTriangleList()
    size = img.shape
    r = (0, 0, size[1], size[0])

    for t in triangleList :

        pt1 = (t[0], t[1])
        pt2 = (t[2], t[3])
        pt3 = (t[4], t[5])

        if rect_contains(r, pt1) and rect_contains(r, pt2) and rect_contains(r, pt3) :

            cv2.line(img, pt1, pt2, delaunay_color, 1, 16, 0)
            cv2.line(img, pt2, pt3, delaunay_color, 1, 16, 0)
            cv2.line(img, pt3, pt1, delaunay_color, 1, 16, 0)

if __name__ == "__main__" :
    IMAGE_WIDTH = 500
    IMAGE_HEIGHT = 500
    N_POINTS = 500

    img = np.zeros(
        (IMAGE_WIDTH, IMAGE_HEIGHT, 3),
        dtype=np.uint8
    )

    rect = (0, 0, IMAGE_WIDTH, IMAGE_HEIGHT)

    subdiv = cv2.Subdiv2D(rect)

    for i in range(N_POINTS):
        points = (
            random.randint(0 + 1, IMAGE_WIDTH - 1),
            random.randint(0 + 1, IMAGE_HEIGHT - 1)
        )
        subdiv.insert(points)

    draw_delaunay(img, subdiv, (255, 255, 255))

    cv2.imshow('result', img)

    k = cv2.waitKey(0)

    cv2.destroyAllWindows()

説明

簡単に説明するとsubdiv2dクラスのインスタンスを

subdiv = cv2.Subdiv2D(rect)

で生成しています。

初期領域を与えなければ、他のどこかしらの処理でエラーになると思います。

次に、

subdiv.insert(points)

で、点群の座標をセットしています。

floatだとエラーとなります。

また、サンプルソースにも記述されているように、 初期探索領域の範囲外の座標を渡すと

cv2.error: OpenCV(3.4.3) /path/to/subdivision2d.cpp:288: error: (-211:One of arguments' values is out of range)  in function 'locate'

となり、これもエラーとなります。

分割の計算自体は、

triangleList = subdiv.getTriangleList()

で行われます。

実行結果

N = 100

N = 500

N = 1000

N = 5000

参考

https://docs.opencv.org/3.4/df/dbf/classcv_1_1Subdiv2D.html

https://tech-blog.s-yoshiki.com/2018/10/702/

http://opencv.jp/opencv-2.1/c/planar_subdivisions.html

Recommends
ドロネー図を描画 Python + OpenCV
2018-11-17
python
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
JPG画像を圧縮する OpenCV + Python
2019-01-20
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Python + OpenCVで顕著性 (saliecy) マップを実装
2018-12-14
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Python + OpenCVのfillConvexPolyで複雑なポリゴンを描画する
2018-11-27
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Python+OpenCVで任意の画像領域:ROIのみに処理 マスク画像を使って
2018-11-25
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
OpenCVのチャンネルエラー対処: (-215:Assertion failed) (m...
2018-11-25
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
顔のランドマーク検出とドロネー分割 Python + OpenCV + dlib
2018-11-17
python
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
顔のランドマークを検出 Python + OpenCV + dlib を使う
2018-10-28
python
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
Python+OpenCVでstitching パノラマ画像生成をやってみた
2018-09-06
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
【Python】3分でOCR環境を立ち上げ Google Colaboratory
2018-07-23
python
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96
【Python】顔画像をPOST 、 顔検出 、 canvasで顔にお絵かき【JS】
2018-07-11
javascript
canvas
python
CentOS8 に Python + OpenCV をインストール
2021-06-05
python
opencv
centos
OpenCV.jsを動かしてみる + デモ
2019-06-22
javascript
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
JavaScriptで画像処理100本ノックに挑戦してみた
2019-03-27
javascript
canvas
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
JavaScriptによる画像処理と便利なライブラリ
2019-01-14
javascript
canvas
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
New Posts
zplug 環境の構築とpromptの調整
2022-11-13
zsh
mac
linux
バッチ処理を採用する際に考慮したことと実装の諸々
2022-10-30
%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3
[JS]Intl.DateTimeFormatで和暦と西暦を変換
2022-08-18
javascript
[NestJS]少し大きな規模のRESTfull APIを構築するディレクトリ構成を考えて...
2022-09-04
nestjs
typescript
%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3
Prisma MySQL でUTC以外の任意のタイムゾーンを利用するのが難しい件
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript MySQLなプロジェクトの構築
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript SQLiteなプロジェクトの構築
2022-08-06
prisma
typescript
sqlite
[AWS]Lambda vs Fargate. APIを実装する場合に思うこと
2022-07-30
amazon%20aws
amazon%20ecs
%E9%9B%91%E8%AB%87
macOSにzigをインストールしてHello World!する
2022-07-18
zig
mac
[AWS CDK] Cognito の OIDC プロバイダに Auth0 を設定
2022-07-03
auth0
amazon%20aws
aws%20cdk
Amazon S3 でライフサイクルポリシーを設定する
2022-06-19
amazon%20aws
amazon%20s3
AWS Certified Developer Associate に合格した
2022-06-19
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
Fisher-Yates shuffleで配列シャッフル [js/ts/php]
2022-06-19
javascript
node.js
typescript
JavaScriptでUTF-16コードを文字列に変換
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]乱数でランダムな整数を生成する
2022-06-18
javascript
node.js
Hot posts!
Proxy環境下でcurlを実行する
2019-12-07
linux
curl
OpenCVのMatのタイプ一覧表
2018-11-25
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Macでも利用できるDBクライアント MySQL PostgreSQL Oracle など
2019-12-21
linux
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
mysql
TablePlusを使ってみる。シンプルでモダンなSQLクライアントツール
2018-09-30
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
DBクライアントツールはDBeaverをおすすめしたい
2021-03-08
oracle
mysql
sqlite
AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成
2019-06-12
amazon%20aws
linux
amazon%20s3
AtCoderで初めて色がつくまでの話(茶色) レートが中々上がらなかった原因
2018-11-25
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
%E9%9B%91%E8%AB%87
CentOS8でEPELとPowerToolsリポジトリの有効化
2020-11-30
centos
red%20hat
EPEL
Macでターミナルからポートスキャンを行う方法。
2018-12-09
linux
mac
apple
Python + OpenCVのfillConvexPolyで複雑なポリゴンを描画する
2018-11-27
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Date
▶︎
2022 年 (41)
▶︎
2021 年 (40)
▶︎
2020 年 (30)
▶︎
2019 年 (90)
▶︎
2018 年 (89)
▶︎
2017 年 (1)
Tags
javascript(98)
linux(48)
amazon%20aws(47)
node.js(38)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
typescript(28)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mac(20)
mysql(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
docker(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
curl(4)
webassembly(4)
ssh(4)
Author
s-yoshiki
s-yoshiki
githubzennqiita
ただの備忘録です。
JavaScript/TypeScript/node.js/React/AWS/OpenCV
※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではありません。