AWS Lightsail + bitnami に自作アプリケーションを作って共存させる + ドメイン振り分け設定

2018-08-18
amazon%20lightsailphpapachewordpressamazon%20awsbitnami
    

目次

はじめに

lightsail_logo.pngAWS Lightsailでbitnami WordPressのイメージを選択してインスタンスを立てた場合、 デフォルトのアプリケーションとしてWordPressとphpmyadminが利用できるようになっています。

これに加え、 http://設定したドメイン/ (場合によってはhttp://設定したドメイン/wordpress/)でwordpressに、 http://設定したドメイン/phpmyadmin/ でphpmyadminに リクエストが行くようになっています。

デフォルトの設定を流用した場合、同じインスタンス内で複数のアプリケーションを建てると、 URLがサブディレクトリを切る形になります。

例 : アプリケーション名をmyappとした時

http://設定したドメイン/myapp/ 個人的にも、SEO的にも、アプリケーションをサブドメインごとに分けたいので、 bitnamiの構成を維持しつつ複数のアプリケーションを起動 + 複数バーチャルホストの設定を行いました。

例 : wordpress

http://blog.設定したドメイン/ 自作アプリ http://myapp.設定したドメイン/ bitnami関連のドキュメントは殆ど英語であり、欲しい記事も見つからなかったので これを記事にしました。

概要

  • 他のbitnamiアプリケーションと同じ設定を流用し、wordpressなどと共存させる
  • バーチャルホストで振り分け設定
  • 自作アプリケーションを作成、PHP-FPM + FCGIで起動

環境

  • AWS Lightsail
  • Ubuntu 14.04.5 LTS, Trusty Tahr
  • PHP 7.0.21
  • Apache 2.4

アプリケーションの作成

デフォルト状態のアプリケーションディレクトリの構成はこのようになっていると思います。

/opt/bitnami/apps
|-- bitnami
|-- phpmyadmin
`-- wordpress

新しく myappとしてアプリケーション用のディレクトリを作成します。

mkdir -p /opt/bitnami/apps/myapp
/opt/bitnami/apps
|-- bitnami
|-- phpmyadmin
|-- wordpress
`-- myapp

また、myapp配下に、conf、htdocsを作成します。

/opt/bitnami/apps/myapp/
|-- conf
`-- htdocs

confはApacheの設定ファイルをおきます。 htdocsは公開するコンテンツ(html/css/js、phpなど)を置くところとします。 phpで動かすことを想定し、 index.phpを作成します。

<?php
echo('Hello World');

次にApacheの設定を行います。

Apache - Virtual Hostの設定

ディレクトリ構成

作成したconfディレクトリに以下のようなApacheの設定ファイルを作成し編集します。

/opt/bitnami/apps/myapp/conf/
|-- certs
|   |-- server.crt
|   `-- server.key
|-- httpd-app.conf
|-- httpd-prefix.conf
|-- httpd-vhosts.conf
`-- php-fpm
    |-- php-settings.conf
    `-- pool.conf

設定ファイルの説明

certs/server.key & server.crt

証明書関連の設定で必要。 詳しくは、 【WordPress】AWS LightsailとCertbotでHTTPS化に挑戦してみた

httpd-app.conf

DocumentRootなどの設定

httpd-prefix.conf

サブディレクトリを切る時に利用する設定ファイル 今回は利用しない

httpd-vhosts.conf

バーチャルホストの設定

php-fpm/php-settings.conf & pool.conf

PHP-FPMの設定

ファイルの修正例

このように書き換えます。myappのところを適宜書き換えます。

httpd-app.conf
<IfDefine USE_PHP_FPM>
	<Proxy 'unix:/opt/bitnami/php/var/run/static.sock|fcgi://static-fpm' timeout=300>
	</Proxy>
</IfDefine>

<Directory '/opt/bitnami/apps/static/htdocs'>
	AllowOverride None
	<IfModule php7_module>
		php_value upload_max_filesize 80M
		php_value post_max_size 80M
	</IfModule>

	<IfDefine USE_PHP_FPM>
	<FilesMatch \.php >
		SetHandler 'proxy:fcgi://static-fpm'
	</FilesMatch>
	</IfDefine>
	<IfVersion < 2.3 >
		Order allow,deny
		Allow from all
		Satisfy all
	</IfVersion>
	<IfVersion >= 2.3>
		Require all granted
	</IfVersion>
</Directory>
httpd-vhosts.conf
<VirtualHost *:80>
	ServerName myapp.設定したドメイン.com
	ServerAlias www.myapp.設定したドメイン.com
	DocumentRoot '/opt/bitnami/apps/static/htdocs'
	Include '/opt/bitnami/apps/myapp/conf/httpd-app.conf'
</VirtualHost>

<VirtualHost *:443>
	ServerName myapp.設定したドメイン.com
	ServerAlias www.myapp.設定したドメイン.com
	DocumentRoot '/opt/bitnami/apps/myapp/htdocs'
	SSLEngine on
	SSLCertificateFile '/opt/bitnami/apps/myapp/conf/certs/server.crt'
	SSLCertificateKeyFile '/opt/bitnami/apps/myapp/conf/certs/server.key'
	Include '/opt/bitnami/apps/myapp/conf/httpd-app.conf'
</VirtualHost>
php-settings.conf
php_value[upload_max_filesize]=80M
php_value[post_max_size]=80M
pool.conf
[myapp]
listen=/opt/bitnami/php/var/run/static.sock
include=/opt/bitnami/php/etc/common-ondemand.conf
include=/opt/bitnami/apps/myapp/conf/php-fpm/php-settings.conf
include=/opt/bitnami/php/etc/environment.conf
pm=ondemand

bitnamiに設定ファイルを読み込ませる

bitnamiの設定ファイルの構成は/opt/bitnami/apache2下にあるconfファイルが 各アプリケーションの設定ファイル(上記で設定したファイル)をIncludeするようになっています。 ここでbitnamiのbitnami-apps-prefix.confを無効化しbitnami-apps-vhosts.confに設定を移します。 bitnami-apps-prefix.confの記述内容は全てコメント化します。

# Bitnami applications installed in a prefix URL
#Include '/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-prefix.conf'
#Include '/opt/bitnami/apps/phpmyadmin/conf/httpd-prefix.conf'

bitnami-apps-vhosts.confに先ほど設定したファイルをIncldueさせます。 phpmyadminは利用しなければ消しても良いと思います。

# Bitnami applications installed in a Virtual Host
Include '/opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-vhosts.conf'
#Include '/opt/bitnami/apps/phpmyadmin/conf/httpd-vhosts.conf'
### myapp
Include '/opt/bitnami/apps/myapp/conf/httpd-vhosts.conf'

bitnami apacheを再起動します。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

PHP-FPMの起動

PHP-FPM関連の設定は /opt/bitnami/php/etc下にあります 記述したpool.confを読み込ませます。 具体的には/opt/bitnami/php/etc/php-fpm.confを編集し、 最終行に設定を追加します。

include=/opt/bitnami/apps/myapp/conf/php-fpm/pool.conf

php-fpmとApacheを再起動します。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart php-fpm
sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

上手くいけばソケットが作成されていると思います。

/opt/bitnami/php/var/run/myapp.sock

参考

https://community.bitnami.com/t/wp-multisite-on-amazon-lightsail/48393/7

ブログ内で紹介する静的コンテンツを置く場所として && 砂場として && 個人で立てているサーバ代をケチりたくて、このようなことを行いました。 現在Lightsailで小さいインスタンスを利用しており、500円/月〜くらいで運用できるので、 こんなケチくさいことするなら新しいインスタンスを立てるなり、EC2を使うなどした方がよっぽど楽だと思います。以上

    
s-yoshiki
s-yoshiki
githubtwitterqiita
Web作ってますが、インタラクティブなプログラミングも好きです。
JavaScript / Vue / node.js / PHP / AWS / OpenCV

関連記事

Amazon S3 と ローカルファイルのチェックサムの比較
s3apiでEtagを取得 検証 マルチアップロード時の注意点 Amazon S3 の Etagを使ってファイルの整合性チェックをする。 s3apiでEtagを取得 S3 APIを利用するとEtagを取得します。この値はmd5のハッシュ値になります。 検証 MD…

GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイする
GitHub Actions について あらかじめ準備しておくもの AWS IAM ユーザを環境変数にセットする workflowの記述 ビルド バッジを利用する 終わりに 参考にしたところ Gatsbyで作った静的サイトを、GitHub Actions…

WordPressやめます Gatsbyに移行しました
これまでのWordPress運用 なぜWordPressを捨てるのか? なぜGatsbyを利用するのか? gatsbyについて WordPressから記事の救出 移行対象記事の抽出 記事の置換 Gatsbyテーマの作成 Gatsby…

WordPressのDBから記事データを抽出する
WordPressのDB関連図 公開記事一覧の取得 タグ・カテゴリの取得 サムネイルの取得 おまけ: PHPスクリプト化しました 参考にしたところ WordPressにため込んだデータMarkdown化しGatsby…

PHPerkaigi 2020 資料まとめ
資料 もっと気軽にOSSに Pull Requestを出そう!/ Let's make a PR to OSS more easily PHP で JVM を実装して、 HelloWorld を出力してみる Deep Module in PHP 磯野ー、MySQL…

AWS BlackBeltを写経する EC2編
問われやすいサービス EC2 AWSサービス別資料 https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/aws-jp-webinar-service-cut/ 問われやすいサービス EC2 Amazon EC2 (201…

WordPressを静的サイトに変換するプラグインの紹介。WP2Static
静的化の目的 WP2Static StaticPress Simply Static 3つを比較して WordPressを静的化するプラグインとして、simply staticやStaticPress、WP2Static…

WordPressをAmazon S3 + CloudFront構成で月額200円で運用
システム全体の この構成のメリット・デメリット AWSの構成 静的ページを作成するWordPressプラグイン WP2Static WP Offload Media Lite WordPress on Docker環境 まとめ AmazonS…

WordPress + WP2Static で静的サイトを生成する
クイックスタート 保存対象URLの補完 WP2StaticはWordPress から静的サイトを生成するプラグインです。 これまで同じく静的サイトを生成する「StaticPress」や「Simply Static…

SAA試験対策 AWS BlackBeltを写経する
はじめに 写経の例 EC2 EBS

最新の投稿

SQL整形ツールを作成した
特徴 使い方 FW/ライブラリ等 nuxt sql-formatter-plus Monaco Editor おまけ ソース SQL整形ツールを作成しました。 URLはこちらです。 SQL…

ファイルの1行目を表示 Linuxコマンド head
head コマンド例 headコマンドでファイルの 1行目もしくは指定した行数だけ表示する方法。 head 利用できるオプション コマンド例 の 1行目だけを表示 の 5行目までを表示 カレントディレクトリ以下の全てのtxtファイルの1行目を表示

Amazon S3 と ローカルファイルのチェックサムの比較
s3apiでEtagを取得 検証 マルチアップロード時の注意点 Amazon S3 の Etagを使ってファイルの整合性チェックをする。 s3apiでEtagを取得 S3 APIを利用するとEtagを取得します。この値はmd5のハッシュ値になります。 検証 MD…

github.io / gitlab.ioで公開されている質の高い技術ドキュメント
AWSによるクラウド入門 Pythonプログラミング入門 普通の人が資産運用で99点をとる方法とその考え方 2018年の段階で私が知らないこと github.io / gitlab.io で無料で公開されている興味深いドキュメントのmemo AWS…

10進数から2進数 2進数から10進数への変換 JavaScript
10進数から2進数 2進数から10進数 テスト 10進数から2進数、2進数から10進数への変換を行うJavaScriptのコードの紹介。 JSの場合、10進数から2進数への変換はメソッド。2進数から1…

JavaScriptの配列ショートハンド (AtCoder用)

JavaScriptでワーシャルフロイド法を実装
AtCoder ABC012 D問題 D - バスと避けられない運命 解説 実装 AtCoder ABC012 の D問題でワーシャルフロイド法が利用できる問題が出てきたので、 JavaScriptで実装しました。 AtCoder ABC012 D問題 D…

GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイする
GitHub Actions について あらかじめ準備しておくもの AWS IAM ユーザを環境変数にセットする workflowの記述 ビルド バッジを利用する 終わりに 参考にしたところ Gatsbyで作った静的サイトを、GitHub Actions…

cloudinaryによる画像ファイルの管理 はじめてみる
目的 cloudinary について 他のサービスとの比較 料金プラン アカウントの登録 利用してみる ダッシュボード 画像の編集 APIベースでのアクセス 感想 参考 画像の管理や配信、さらには加工といった事ができるsaas型のcloud…

JavaScriptによる2分探索(バイナリサーチ) のサンプルコード
2分探索について ソース 参考 JavaScriptで2分探索(バイナリサーチ)を実装してみました。…

Tags

Dates

© 2020   404 motivation not found