CentOS8とcpanm(cpanminus)によるPerlモジュールの導入・環境構築

CentOS8とcpanm(cpanminus)によるPerlモジュールの導入・環境構築

2020-10-303 min read

目次

  1. 概要
  2. cpanmについて
  3. cpanmのインストール-dnfでインストール
  4. cpanmのインストール-shell経由でインストール
  5. cpanmのインストール-cpan経由
  6. cpanmでcpanモジュールをインストール
  7. 参考にしたサイト
  8. おまけ-cpanmのオプション

概要

cpanm(cpanminus)を利用してCentOS8上にPerl環境を構築した際の記録です。

cpanmについて

miyagawa/cpanminus - github

App::cpanminus - get, unpack, build and install modules from CPAN - metacpan.org

CPANからモジュールの取得とビルド・インストールを行うライブラリです。

CPAN::shellでもモジュールのインストールはできますが、設定しやすさやパーフォマンス・権限等の問題からcpanmの方が扱いやすいと思いました。

cpanmのインストール (DNFでインストール)

CentOS8の場合は標準でRPMパッケージが用意されているためDNFでインストールします。

$ dnf install perl-App-cpanminus
$ which cpanm
/usr/bin/cpanm

cpanmのインストール (shell経由でインストール)

root権限が利用できない場合は次のような手順で設定していきます。

まずはcpanmをインストールします。環境変数PERL_CPANM_OPTはCPANモジュールがインストールされるディレクトリを指定します。

$ export PERL_CPANM_OPT="--local-lib=~/perl5"
$ curl -L -O http://xrl.us/cpanm
$ perl cpanm App::cpanminus

PATHを通します。

$ export PATH=$HOME/perl5/bin:$PATH;
$ which cpanm
~/perl5/bin/cpanm

cpanmのインストール (cpan経由)

CPANが利用できる場合はCPANコマンドを利用してcpanmをインストールもできます。

$ cpan App::cpanminus

cpanmでCPANモジュールをインストール

試しにJSONモジュールをインストールします。

$ cpanm JSON
--> Working on JSON
Fetching http://www.cpan.org/authors/id/I/IS/ISHIGAKI/JSON-4.02.tar.gz ... OK
Configuring JSON-4.02 ... OK
Building and testing JSON-4.02 ... OK
Successfully installed JSON-4.02
2 distributions installed

ローカルに配置したファイルもインストールできます。

$ cpanm /home/foo/YAML-1.30.tar.gz 

インストールするディレクトリを指定してインストールもできます。以下のコマンドの場合は~/testにインストールされます。

$ cpanm YAML -L ~/test

参考にしたサイト

cpanm - CPANからモジュールを取得、アンパック、インストールする

cpanmによるPerlのローカル環境構築

perlモジュールのinstallにcpanmを使う

おまけ cpanmのオプション

Options:
  -v,--verbose              Turns on chatty output
  -q,--quiet                Turns off the most output
  --interactive             Turns on interactive configure (required for Task:: modules)
  -f,--force                force install
  -n,--notest               Do not run unit tests
  --test-only               Run tests only, do not install
  -S,--sudo                 sudo to run install commands
  --installdeps             Only install dependencies
  --showdeps                Only display direct dependencies
  --reinstall               Reinstall the distribution even if you already have the latest version installed
  --mirror                  Specify the base URL for the mirror (e.g. http://cpan.cpantesters.org/)
  --mirror-only             Use the mirror's index file instead of the CPAN Meta DB
  -M,--from                 Use only this mirror base URL and its index file
  --prompt                  Prompt when configure/build/test fails
  -l,--local-lib            Specify the install base to install modules
  -L,--local-lib-contained  Specify the install base to install all non-core modules
  --self-contained          Install all non-core modules, even if they're already installed.
  --auto-cleanup            Number of days that cpanm's work directories expire in. Defaults to 7

Commands:
  --self-upgrade            upgrades itself
  --info                    Displays distribution info on CPAN
  --look                    Opens the distribution with your SHELL
  -U,--uninstall            Uninstalls the modules (EXPERIMENTAL)
  -V,--version              Displays software version

Examples:

  cpanm Test::More                                          # install Test::More
  cpanm MIYAGAWA/Plack-0.99_05.tar.gz                       # full distribution path
  cpanm http://example.org/LDS/CGI.pm-3.20.tar.gz           # install from URL
  cpanm ~/dists/MyCompany-Enterprise-1.00.tar.gz            # install from a local file
  cpanm --interactive Task::Kensho                          # Configure interactively
  cpanm .                                                   # install from local directory
  cpanm --installdeps .                                     # install all the deps for the current directory
  cpanm -L extlib Plack                                     # install Plack and all non-core deps into extlib
  cpanm --mirror http://cpan.cpantesters.org/ DBI           # use the fast-syncing mirror
  cpanm -M https://cpan.metacpan.org App::perlbrew          # use only this secure mirror and its index

You can also specify the default options in PERL_CPANM_OPT environment variable in the shell rc:

  export PERL_CPANM_OPT="--prompt --reinstall -l ~/perl --mirror http://cpan.cpantesters.org"

Type `man cpanm` or `perldoc cpanm` for the more detailed explanation of the options.
Recommends
CentOS8とcpanm(cpanminus)によるPerlモジュールの導入・環境構築
2020-10-30
perl
centos
cpan
CentOS7 に Perl + CPAN 環境を構築
2019-11-17
perl
centos
cpan
CentOS7 に Perl環境を構築する
2019-11-16
centos
perl
cpan
[Perl] CentOS8 に plenv をインストール
2021-06-05
perl
plenv
centos
CentOS8にDNFでPerl5.30のインストール
2020-12-22
centos
red%20hat
perl
AutotoolsでconfigureやMakefileの作成
2022-01-10
centos
linux
red%20hat
RPMパッケージ作成 Dockerを利用して
2022-01-10
centos
linux
red%20hat
CentOS8/RHEL8でのRPM管理における検討事項
2021-12-01
centos
linux
red%20hat
RPMのspecファイルで利用するマクロ・変数
2022-01-09
centos
linux
red%20hat
CentOS8 に Python + OpenCV をインストール
2021-06-05
python
opencv
centos
CentOS6(Docker)でyum update できなくなった
2021-05-20
docker
centos
PostfixでメールリレーしてMailHogで受信する開発用Dockerコンテナの構築
2021-05-19
docker
postfix
centos
Perlでconstant(定数)をhashのキーに使う
2021-04-19
perl
php-fpmのステータスページを表示 Apache & htaccess
2021-03-24
php
php%20fpm
apache
CentOS8 に Oracle12.2 clientをインストールする
2021-03-07
oracle
centos
red%20hat
New Posts
Prisma MySQL でUTC以外の任意のタイムゾーンを利用するのが難しい件
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript MySQLなプロジェクトの構築
2022-08-08
prisma
typescript
mysql
Prisma TypeScript SQLiteなプロジェクトの構築
2022-08-06
prisma
typescript
sqlite
[AWS]Lambda vs Fargate. APIを実装する場合に思うこと
2022-07-30
amazon%20aws
amazon%20ecs
%E9%9B%91%E8%AB%87
macOSにzigをインストールしてHello World!する
2022-07-18
zig
mac
[AWS CDK] Cognito の OIDC プロバイダに Auth0 を設定
2022-07-03
auth0
amazon%20aws
aws%20cdk
Amazon S3 でライフサイクルポリシーを設定する
2022-06-19
amazon%20aws
amazon%20s3
AWS Certified Developer Associate に合格した
2022-06-19
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
Fisher-Yates shuffleで配列シャッフル [js/ts/php]
2022-06-19
javascript
node.js
typescript
JavaScriptでUTF-16コードを文字列に変換
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]乱数でランダムな整数を生成する
2022-06-18
javascript
node.js
[JS]BigIntでMathが使えない件
2022-06-12
javascript
node.js
atcoder
AWS SAPに合格しました
2022-06-11
amazon%20aws
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93
[AWS]DataSync/Storage Gateway/Transfer Family...
2022-05-29
amazon%20aws
[AWS CDK]ECS FargateでNestJSで作成したRESTfull APIデ...
2022-05-24
nestjs
amazon%20aws
aws%20cdk
Hot posts!
Proxy環境下でcurlを実行する
2019-12-07
linux
curl
OpenCVのMatのタイプ一覧表
2018-11-25
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Macでも利用できるDBクライアント MySQL PostgreSQL Oracle など
2019-12-21
linux
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
mysql
TablePlusを使ってみる。シンプルでモダンなSQLクライアントツール
2018-09-30
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9
DBクライアントツールはDBeaverをおすすめしたい
2021-03-08
oracle
mysql
sqlite
AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成
2019-06-12
amazon%20aws
linux
amazon%20s3
AtCoderで初めて色がつくまでの話(茶色) レートが中々上がらなかった原因
2018-11-25
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
%E9%9B%91%E8%AB%87
CentOS8でEPELとPowerToolsリポジトリの有効化
2020-11-30
centos
red%20hat
EPEL
Macでターミナルからポートスキャンを行う方法。
2018-12-09
linux
mac
apple
Python + OpenCVのfillConvexPolyで複雑なポリゴンを描画する
2018-11-27
python
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86
opencv
Date
▶︎
2022 年 (37)
▶︎
2021 年 (40)
▶︎
2020 年 (30)
▶︎
2019 年 (90)
▶︎
2018 年 (89)
▶︎
2017 年 (1)
Tags
javascript(96)
amazon%20aws(47)
linux(47)
node.js(37)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
typescript(27)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mysql(19)
mac(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
docker(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
curl(4)
webassembly(4)
ssh(4)
Author
s-yoshiki
s-yoshiki
githubzenntwitterqiita
ただの備忘録です。
JavaScript/TypeScript/node.js/React/AWS/OpenCV
※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではありません。