macOSにOpenCV4をインストール

2019-08-16
opencvmacopencv4
    

目次

macOS (MacBook Pro 2018 13 inchi)にhomebrewを用いてOpenCVをインストールする方法。

パッケージの情報

まず、brew search と brew info でOpenCVのバージョンを検索します。

$ brew search opencv
==> Formulae
opencv                                                             opencv@2                                                           opencv@3

$ brew info opencv
opencv: stable 4.1.0 (bottled)
Open source computer vision library
https://opencv.org/
Not installed
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/opencv.rb
==> Dependencies
Build: cmake ✘, pkg-config ✔
Required: eigen ✘, ffmpeg ✘, glog ✘, harfbuzz ✔, jpeg ✘, libpng ✔, libtiff ✘, numpy ✘, openexr ✘, python ✘, python@2 ✘, tbb ✘
==> Analytics
install: 11,071 (30 days), 37,038 (90 days), 194,837 (365 days)
install_on_request: 10,328 (30 days), 34,395 (90 days), 180,099 (365 days)
build_error: 0 (30 days)

opencv が 4系、opencv@3 が 3系、opencv@2 が 2系となるようです。

インストール

次のコマンドでOpenCV4をインストールします。

$ brew install opencv

依存関係があるものも一緒にインストールされます。昔は色々なビルドオプションがあったような気がしましたが、なくなったようで、簡単にインストールできました。

試す with Python3

$ python3
Python 3.7.4 (default, Jul  9 2019, 18:13:23) 
[Clang 10.0.1 (clang-1001.0.46.4)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import cv2
>>>

問題なくimportできました。 これはPython3で使利用する例ですが、Python2で利用する場合は次のコマンドを実行する必要があります。

mkdir -p /Users/${USERNAME}/Library/Python/2.7/lib/python/site-packages
echo 'import sys; sys.path.insert(1, "/usr/local/lib/python3.7/site-packages")' >> /Users/${USERNAME}/Library/Python/2.7/lib/python/site-packages/homebrew.pth
    
s-yoshiki
s-yoshiki
githubtwitterqiita
Web作ってますが、インタラクティブなプログラミングも好きです。
JavaScript / Vue / node.js / PHP / AWS / OpenCV

関連記事

Macでも利用できるDBクライアント MySQL PostgreSQL Oracle など
デスクトップ系ツール TablePlus DBeaver MySQL Workbench Sequel pro Webアプリケーション phpMyAdmin Adminer 参考 Macで利用できるDB (MySQL PostgreSQL Oracle…

fswatch rsync unison を使ってリアルタイムで同期する
環境・バージョン情報等 fswatch バージョン情報 インストール fswatch + rsync で同期する fswatch + unison で同期する unisonの設定 同期コマンド 参考 fswatch + rsync or fswatch…

SwitchHosts hostsの設定を変更するツール
SwitchHosts インストールする homebrew scoop それ以外 設定ファイル 参考 ローカル開発環境を利用して開発している際に、ローカルのIPに対してのホスト名をhosts…

fswatchで変更されたファイルを監視する
fswatch インストール 基本的なコマンドの使い方 試す ディレクトリを監視できるサービスfswatchをMacでインストールして使ってみました。 fswatch https://github.com/emcrisostomo/fswatch…

エンジニアなMacBookのセットアップ 開発環境の構築
ブラウザ関連 Homebrewのインストール ターミナル環境系 Hyper エディタ VSCode typora CLIツール Git 言語系 Python node.js MacBookPro…

多段SSHの設定 踏み台経由
設定 基本的なconfigの記述 基本的な踏み台経由のSSH設定 プロキシを経由して踏み台に接続するSSH設定 踏み台を経由して多段SSHを行う際の設定についてのメモ。 設定 SSHの設定はMac/Linux/WSLであればホームディレクトリ下の~/.ssh…

OpenCV.jsを動かしてみる + デモ
環境 OpenCV.jsのセットアップ サンプルソース グレースケール 2値化 Cannyエッジ 輪郭抽出 ガウシアン デモ OpenCV.jsを試してみました。 環境 OpenCV.js v4.1.0 OpenCV.jsのセットアップ OpenCVをWasm…

Cyberduck で AWS S3に接続する
Cyberduck で S3に接続 検証環境 接続手順 S3接続ユーザの作成 ユーザ作成ページまでの遷移 アカウント詳細設定 アカウント権限の設定 アクセスキーIDとシークレットアクセスキー S3バケットを作成する オプションの設定 アクセス許可の設定 S…

Macにdockerをインストール
インストール Macにdockerをインストールします。 インストール homebrewを使ってインストールします。 https://brew.sh/index_ja ターミナルから以下のコマンドで実行します。 hellow world…

gitbookを使ってドキュメントを生成する
どんなものができるのか 検証した環境 gitbookのインストール プロジェクトの作成 ディレクトリ構成について ドキュメントの記述 日本語化 ビルドインサーバの起動 ビルドとHTMLの生成 PDFの生成 参考 GitBook…

最新の投稿

SQL整形ツールを作成した
特徴 使い方 FW/ライブラリ等 nuxt sql-formatter-plus Monaco Editor おまけ ソース SQL整形ツールを作成しました。 URLはこちらです。 SQL…

ファイルの1行目を表示 Linuxコマンド head
head コマンド例 headコマンドでファイルの 1行目もしくは指定した行数だけ表示する方法。 head 利用できるオプション コマンド例 の 1行目だけを表示 の 5行目までを表示 カレントディレクトリ以下の全てのtxtファイルの1行目を表示

Amazon S3 と ローカルファイルのチェックサムの比較
s3apiでEtagを取得 検証 マルチアップロード時の注意点 Amazon S3 の Etagを使ってファイルの整合性チェックをする。 s3apiでEtagを取得 S3 APIを利用するとEtagを取得します。この値はmd5のハッシュ値になります。 検証 MD…

github.io / gitlab.ioで公開されている質の高い技術ドキュメント
AWSによるクラウド入門 Pythonプログラミング入門 普通の人が資産運用で99点をとる方法とその考え方 2018年の段階で私が知らないこと github.io / gitlab.io で無料で公開されている興味深いドキュメントのmemo AWS…

10進数から2進数 2進数から10進数への変換 JavaScript
10進数から2進数 2進数から10進数 テスト 10進数から2進数、2進数から10進数への変換を行うJavaScriptのコードの紹介。 JSの場合、10進数から2進数への変換はメソッド。2進数から1…

JavaScriptの配列ショートハンド (AtCoder用)

JavaScriptでワーシャルフロイド法を実装
AtCoder ABC012 D問題 D - バスと避けられない運命 解説 実装 AtCoder ABC012 の D問題でワーシャルフロイド法が利用できる問題が出てきたので、 JavaScriptで実装しました。 AtCoder ABC012 D問題 D…

GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイする
GitHub Actions について あらかじめ準備しておくもの AWS IAM ユーザを環境変数にセットする workflowの記述 ビルド バッジを利用する 終わりに 参考にしたところ Gatsbyで作った静的サイトを、GitHub Actions…

cloudinaryによる画像ファイルの管理 はじめてみる
目的 cloudinary について 他のサービスとの比較 料金プラン アカウントの登録 利用してみる ダッシュボード 画像の編集 APIベースでのアクセス 感想 参考 画像の管理や配信、さらには加工といった事ができるsaas型のcloud…

JavaScriptによる2分探索(バイナリサーチ) のサンプルコード
2分探索について ソース 参考 JavaScriptで2分探索(バイナリサーチ)を実装してみました。…

Tags

Dates

© 2020   404 motivation not found