フラットファイルCMS Grav に管理ページの追加と日本語化

2019-01-04
cmsgrav
    

目次

概要

https://tech-blog.s-yoshiki.com/2019/01/984/

ファイルベースで動くPHPのCMS「Grav」に管理ページを追加する方法を紹介します。

gitでリポジトリをクローンしインストールした場合、admin(管理ページ)は付属していません。 このパターン以外にもadminが付属していない場合があると思いますが、 コマンドラインが使える場合、adminページを簡単に導入することができます。

検証環境

以下の環境で試しましたが、プラグインの導入方法はOSに依存しないと思います。

  • PHP 7.1.19 (cli) (built: Aug 17 2018 20:10:18) ( NTS )
  • Mac OS X 10.14.2

管理機能の導入

Gravのアップデート

Gravがインストールされたディレクトリまで移動します。

$ cd /path/to/grav

アップデートコマンを叩きます。

$ bin/gpm selfupgrade

最新であれば以下のようなメッセージが出てくると思います。

GPM Releases Configuration: Stable

You are already running the latest version of Grav (v1.5.6) released on Fri Dec 14 22:08:22 2018

adminのインストール

gravが最新の状態であることを確認したら、以下のコマンドでインストールを実行します。

$ bin/gpm install admin

導入に成功すると以下のようなメッセージが出てくると思います。

GPM Releases Configuration: Stable

The following dependencies need to be installed...
  |- Package form
  |- Package login
  |- Package email

Install these packages? [Y|n] Y
Preparing to install Form [v2.16.4]
  |- Downloading package...   100%
  |- Checking destination...  ok
  |- Installing package...    ok
  '- Success!

Preparing to install Login [v2.8.2]
  |- Downloading package...   100%
  |- Checking destination...  ok
  |- Installing package...    ok
  '- Success!

Preparing to install Email [v2.7.1]
  |- Downloading package...   100%
  |- Checking destination...  ok
  |- Installing package...    ok
  '- Success!

Dependencies are OK

Preparing to install Admin Panel [v1.8.15]
  |- Downloading package...   100%
  |- Checking destination...  ok
  |- Installing package...    ok
  '- Success!

Clearing cache

Cleared:  /path/to/grav/cache/twig/*
Cleared:  /path/to/grav/cache/doctrine/*
Cleared:  /path/to/grav/cache/compiled/*

Touched: /path/to/grav/user/config/system.yaml

日本語化

管理機能を日本語で表示するにはいくつかの設定が必要です。

Configuration -> Languages -> Supportedに任意の言語コードを追加することで多言語化ができます。 日本語にする場合は、jaと追加します。

    
s-yoshiki
s-yoshiki
githubtwitterqiita
Web作ってますが、インタラクティブなプログラミングも好きです。
JavaScript / Vue / node.js / PHP / AWS / OpenCV

関連記事

WordPressを静的サイトに変換するプラグインの紹介。WP2Static
静的化の目的 WP2Static StaticPress Simply Static 3つを比較して WordPressを静的化するプラグインとして、simply staticやStaticPress、WP2Static…

WordPressをAmazon S3 + CloudFront構成で月額200円で運用
システム全体の この構成のメリット・デメリット AWSの構成 静的ページを作成するWordPressプラグイン WP2Static WP Offload Media Lite WordPress on Docker環境 まとめ AmazonS…

WordPress + WP2Static で静的サイトを生成する
クイックスタート 保存対象URLの補完 WP2StaticはWordPress から静的サイトを生成するプラグインです。 これまで同じく静的サイトを生成する「StaticPress」や「Simply Static…

フラットファイルCMS「Grav」をドキュメントールート外にインストールする
Gravのインストール Gravのクローン 公開領域の設定 https://tech-blog.s-yoshiki.com/2019/01/984/ フラットファイルCMS「Grav…

ファイルベースで動くPHPのCMS「Grav」の紹介とインストールとセットアップまで
Gravについて 他のCMSの比較 環境 インストール Gitでのインストール PHPビルトインサーバで起動する Apache + Linuxで起動する Apache パーミッションの設定 トラブルシューティング Flat-File CMS(RDBMS…

最新の投稿

GitHub Actions で Gatsby をビルドし Amazon S3 にデプロイする
GitHub Actions について あらかじめ準備しておくもの AWS IAM ユーザを環境変数にセットする workflowの記述 ビルド バッジを利用する 終わりに 参考にしたところ Gatsbyで作った静的サイトを、GitHub Actions…

cloudinaryによる画像ファイルの管理 はじめてみる
目的 cloudinary について 他のサービスとの比較 料金プラン アカウントの登録 利用してみる ダッシュボード 画像の編集 APIベースでのアクセス 感想 参考 画像の管理や配信、さらには加工といった事ができるsaas型のcloud…

JavaScriptによる2分探索(バイナリサーチ) のサンプルコード
2分探索について ソース 参考 JavaScriptで2分探索(バイナリサーチ)を実装してみました。…

Vue.jsで作成された、ちょっと面白くて役立ちそうなサービス
UIコンポーネント VueSocial CKEditor 5 Vue.Draggable Vuetable 2 vuejs-datepicker Kalendar Vue Apexcharts Vue.js Google Charts vue-cart WebIDE…

GitHubのリポジトリをGitLabに同期する GitLabのミラーリング機能
GitLabのミラーリングについて GitHubのリポジトリをGitLabに反映する その他 参考 GitLabのミラーリング機能によりGitHubなどの外部のリポジトリとのミラーリングを行うことができます。 これを使ってGitHub…

WordPressやめます Gatsbyに移行しました
これまでのWordPress運用 なぜWordPressを捨てるのか? なぜGatsbyを利用するのか? gatsbyについて WordPressから記事の救出 移行対象記事の抽出 記事の置換 Gatsbyテーマの作成 Gatsby…

WordPressのDBから記事データを抽出する
WordPressのDB関連図 公開記事一覧の取得 タグ・カテゴリの取得 サムネイルの取得 おまけ: PHPスクリプト化しました 参考にしたところ WordPressにため込んだデータMarkdown化しGatsby…

ハイフンとかマイナスとかダッシュとか

Firebase + Nuxt で認証付きページを作るときに参考にしたいところ
Webアプリケーションのセッション管理にJWT導入を検討する際の考え方 Service Worker によるセッション管理 ユーザー セッションの管理 Nuxt.jsとFirebaseでSPA×SSR×PWA×サーバーレスを実現する CookieとセッションとJWT SSR…

GolangをCGIとして実行する
環境 golang パッケージ ソースと実行 ビルドとサーバ実行 標準ライブラリのみ Golang を CGIとして実行する際のメモ 環境 golang パッケージ 以下のモジュールを利用しています。 github.com/gorilla/mux…

Tags

Dates

© 2020   404 motivation not found