homebrewでnodejsインストール&任意のバージョン利用

homebrewでnodejsインストール&任意のバージョン利用

2021-11-303 min read

目次

  1. 初めに
  2. homebrewインストール
  3. nodejsの検索
  4. インストール
  5. nodejsの利用

初めに

homebrewでサクッとnodejsのインストールを行なった際のメモです。

環境はMacを対象としていますが、Linuxでも概ね同じ手順で実行できると思います。

また下記に記載している方法では、nvmやnodenvなどの管理ツールは利用しません。(ただし、多くの場合はこのようなツールを使うべきです)

その理由は、マイナバージョンまで固定せず「メジャーバージョンまで指定できれば良い」という手っ取り早く導入する目的があったからです。

homebrewインストール

前提としてhomebrewのインストールが必要となります。

下記のリンクを参照して導入します。

macOS(またはLinux)用パッケージマネージャー — Homebrew

nodejsの検索

まずは node でパッケージを検索します。node関連の物が引っかかります。

$ brew search node
==> Formulae
libbitcoin-node
llnode
node
node-build
node-sass
node@10
node@12
node@14
node@16
node_exporter
nodebrew
nodeenv
nodenv
ode

これらのうち、

  • node
  • node@10
  • node@12
  • node@14
  • node@16

が nodejs に該当します。

また、homebrewの仕組み的に node (@がついていないやつ) が最新のバージョン(17)となります。

インストール

次のコマンドでインストールを行います。

最新版が欲しい場合は以下のコマンドで。

brew install node

14系が欲しい場合は以下のコマンドで。

brew install node@14

nodejsの利用

ここでは nodenode@14の両方をインストールしたものとして話をします。

node最新版は以下のパスにインストールされます。

またPATHが通っている場所へインストールされることが確認できます。

$ /usr/local/bin/node --version
v17.3.0
$ node --version
v17.3.0

node@14は以下のパスにインストールされます。

$ /usr/local/opt/node@14/bin/node --version
v14.18.2

パスを通せばprefixを省略して実施できます。

$ export PATH="/usr/local/opt/node@14/bin:$PATH"
$ node --version
v14.18.2

libディレクトリやヘッダファイルは次の場所となります。

$ export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/node@14/lib"
$ export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/node@14/include"
Tags
javascript(103)
linux(54)
amazon%20aws(47)
node.js(43)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
typescript(33)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mac(21)
mysql(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
docker(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
prisma(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
nestjs(5)
curl(4)
Author
githubzennqiita
ただの備忘録です。※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではないです。