PHP + Smartyで超簡単なページング処理とサンプルコード

PHP + Smartyで超簡単なページング処理とサンプルコード

2019-01-2611 min read

目次

  1. 概要
  2. 環境
  3. smartyのセットアップ
  4. 作るもの

概要

PHPで簡単なページング処理を書いてみました。

環境

  • PHP 7.1.19
  • Smarty 3.1.33

Smartyのセットアップ

GitHubから適当なバージョンの物を落としてきます。 PHPのインクルードディレクトリに配置すれば完了。

https://github.com/smarty-php/smarty/releases

Smartyの使い方は公式を参照してください。

https://www.smarty.net/

作るもの

簡単なページング処理を作ります。 具体的には、ある取得したデータ(サンプルソースでは51件)に対し1ページに10件まで表示する機能を想定します。

ここで、ページの現在のステータスと、次もしくは前のページのリンクを表示する機能を実装します。

例えば 51件のアイテムを6ページにわけて10個づつ表示したい時、

最初の1ページ目は

1 / 6 ページ 次へ

2ページ目は

戻る 2 / 6 ページ 次へ

3ページ目は

戻る 3 / 6 ページ 次へ

最後のページは

戻る 6 / 6 ページ

という機能になります。

ソース

以下がソースコードです。

index.php


include_once("smarty/libs/Smarty.class.php");

main();

exit(0);

/**
 * main
 */
function main()
{
    $smarty = new Smarty();
    $smarty->template_dir = '/path/to/templates/';
    $smarty->compile_dir  = '/path/to/cache/';

    $p = (int) $_GET["p"]; //現在のページ番号
    $items_count = 51; // 表示したいアイテム数
    $items_limit = 10; // 1ページの上限

    // 最初のページ番号
    $min = 1;
    // 最後のページ番号
    $max = (int) ceil($items_count / $items_limit);

    $page = pagenation($p, $min, $max);

    smartyBindValue(
        $smarty,
        [
            "last" => $page["last"],
            "next" => $page["next"],
            "status" => sprintf("%s/%s ページ", $p, $max),
        ]
    );

    $smarty->display('index.tpl');
}

/**
 * アイテムセット
 * 
 * @param object &$smarty smartyオブジェクト
 * @param array $items アイテム配列
 * @return void
 */
function smartyBindValue(&$smarty, $items)
{
    foreach ($items as $key => $value) {
        $smarty->assign($key, $value);
    }
}

/**
 * ページ数計算
 * 
 * @param int $p 現在のページ番号
 * @param int $min 最初のページ番号 
 * @param int $max 最後のページ番号
 */
function pagenation($p, $min, $max)
{
    $last = null;
    $next = null;

    // 範囲外か
    if (!($min <= $p && $p <= $max)) {
        $p = 1; //強制的に1ページ目へ
    }

    // 最初のページか ?
    if ($p === $min) {
        return [
            "next" => $min + 1,
            "last" => null,
        ];
    }

    // 最後のページか ?
    if ($p === $max) {
        return [
            "next" => null,
            "last" => $max - 1,
        ];
    }

    return [
        "next" => $p + 1,
        "last" => $p - 1,
    ];
}

ポイントとなるのがページ数の計算です。 ページ数は以下の式で算出できます。

// $items_count 全件アイテム数
// $items_limit 1ページの上限
$max = (int) ceil($items_count / $items_limit); // 最後のページ番号

ceil関数は少数を切り上げするため、ceil(51 / 10)の時は $max = 6となります。 またこの時、$maxはfloat型であり、PHPではゆるい比較もできるため、念の為 int にキャストします。

テンプレート

テンプレートはメインの内容が記述されている、index.tpl と ページネーションのみを描画する page.tpl に切り分けます。

index.tpl

<!DOCTYPE>
<html>
<head>
</head>
<body>
{include file="page.tpl"}
</body>
</html>

page.tpl

{if $last != null}
<a href="/?p={$last}">戻る</a>
{/if}
<span>{$status}</span>
{if $next != null}
<a href="/?p={$next}">次へ</a>
{/if}
Tags
javascript(103)
linux(54)
amazon%20aws(47)
node.js(43)
%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0(36)
typescript(33)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86(30)
html5(29)
php(24)
centos(24)
python(22)
%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0(21)
mac(21)
mysql(19)
canvas(18)
opencv(17)
%E9%9B%91%E8%AB%87(16)
docker(16)
wordpress(15)
atcoder(14)
apache(12)
%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92(12)
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9(12)
amazon%20s3(12)
red%20hat(12)
ubuntu(11)
github(10)
git(10)
vue.js(10)
%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%87%A6%E7%90%86100%E6%9C%AC%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF(10)
mariadb(10)
aws%20cdk(9)
css3(8)
%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%8C%96(8)
%E5%B0%8F%E3%83%8D%E3%82%BF(8)
amazon%20lightsail(7)
react(7)
%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0(6)
cms(6)
oracle(6)
perl(6)
gitlab(6)
next.js(6)
prisma(6)
iam(5)
amazon%20ec2(5)
%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93(5)
aws%20amplify(5)
nestjs(5)
curl(4)
Author
githubzennqiita
ただの備忘録です。※このブログの内容は個人の見解であり、所属する組織等の見解ではないです。