スポンサーリンク

GolangをCGIとして実行する

スポンサーリンク
Golang
スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

Golang を CGIとして実行する際のメモ

環境

golang

$ go version
go version go1.13.7 darwin/amd64

パッケージ

以下のモジュールを利用しています。

  • net/http
  • net/http/cgi
  • github.com/gorilla/mux

github.com/gorilla/mux は利用している目的は特にありません。シンプルでgithubのstar数が多かったからです。ここのサンプルを流用する場合に別のフレームワークに置き換えても問題ないです。

gorilla/mux
A powerful HTTP router and URL matcher for building Go web servers with 🦍 - gorilla/mux

ソースと実行

package main

import (
	"fmt"
	"net/http"
	"net/http/cgi"
	"os"
	"github.com/gorilla/mux"
)

func viewHandler1(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
	w.Header().Set("Content-Type", "text/plain; charset=utf-8")
	fmt.Fprintln(w, "path1")
}

func viewHandler2(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
	param := mux.Vars(r)
	w.Header().Set("Content-Type", "text/plain; charset=utf-8")
	fmt.Fprintln(w, "path2")
	fmt.Fprintln(w, param["id"])
}

func main() {
	router := mux.NewRouter()
	rootPath := os.Getenv("SCRIPT_NAME")
	router.HandleFunc(rootPath+"/path1/", viewHandler1).Methods("GET")
	router.HandleFunc(rootPath+"/path2/{id}/", viewHandler2).Methods("GET")
	cgi.Serve(router)
}

ソースの説明は後で説明

ビルドとサーバ実行

次のコマンドでファイルをsever.cgiという名前でビルドする。

$ go build -ldflags "-s -w" -o server.cgi server.go

実行バイナリをCGI実行環境下のディレクトリに配置する。
ディレクトリ構成は次のようにした。

./web
└── cgi-bin
    └── server.cgi

今回はPythonでCGIサーバを立てる。

$ pwd
/path/to/web
$ python -m http.server 8080 --cgi
Serving HTTP on 0.0.0.0 port 8080 (http://0.0.0.0:8080/) ...

“http://0.0.0.0:8080/cgi-bin/server.cgi/path1/” にアクセスする
「path1」と表示されていればOK

ここでソースの説明

rootPath := os.Getenv("SCRIPT_NAME")

でスクリプトのパスを取得する。今回の場合は /cgi-bin/server.cgi となる。

したがって、rootPath+”/path1/” は /cgi-bin/server.cgi/path1/ にルーティングされる。

標準ライブラリのみ

標準ライブラリのみで実行するならこう

package main

import (
	"fmt"
	"net/http"
	"net/http/cgi"
)

func viewHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
	w.Header().Set("Content-Type", "text/plain; charset=utf-8")
	fmt.Fprintln(w, "Hello World")
}

func main() {
	http.HandleFunc("/", viewHandler)
	cgi.Serve(nil)
}
Golang
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
404 Motivation Not Found
タイトルとURLをコピーしました