スポンサーリンク

fswatchで変更されたファイルを監視する

スポンサーリンク
fswatchで変更されたファイルを監視する Linux
スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ディレクトリを監視できるサービスfswatchをMacでインストールして使ってみました。

fswatch

emcrisostomo/fswatch
A cross-platform file change monitor with multiple backends: Apple OS X File System Events, *BSD kqueue, Solaris/Illumos File Events Notification, Linux inotify...

インストール

homebrewでインストールします。

$ brew install fswatch
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/fswatch-1.14.0.mojave.bottle.tar.gz
==> Downloading from https://akamai.bintray.com/73/7310f4dbbbdeed582cb713b3d08bf982553747cbda75eb76d2dfe00f309ed3f7?__gda__=exp=1562475460~hmac=da777c8652420e61c6f1f52c5e0feeecf670eee82f4764b442f02a937b69ee3e&response-content-disposition=attachment%3Bfilename%3D%22fswa
######################################################################## 100.0%
==> Pouring fswatch-1.14.0.mojave.bottle.tar.gz
🍺  /usr/local/Cellar/fswatch/1.14.0: 51 files, 1.2MB

基本的なコマンドの使い方

コマンドはこのように使います。変更があったファイルは標準出力に出力されます。

fswatch /path/to/dir

/path/to/dir は任意のディレクトリとします。
このディレクトリ内でファイルの追加・編集・削除があった場合、ファイルパスが出力されます。

試す

パスを渡す

$ fswatch  /path/to/dir/ | xargs -n1 echo &
$ echo "hello!" >> /path/to/dit/test.txt
/path/to/dit/test.txt

ファイルの中身を出力する

$ fswatch  /path/to/dir/ | xargs -n1 cat &
$ echo "hello!" >> /path/to/dit/test.txt
hello!
LinuxMacshell
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
404 Motivation Not Found
タイトルとURLをコピーしました