スポンサーリンク

AWS S3のアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得 作業用ユーザを作成

スポンサーリンク
AWS S3の作業用ユーザを作成する AWS
スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

AWS S3 接続用のアカウントを作成する方法の紹介。
ここで作成するユーザはS3のオブジェクトの読み込みおよび書き込みができるものとします。

ユーザの作成

ユーザ作成ページまでの遷移

ユーザ作成権限のあるアカウントでログイン後、AWSマネジメントコンソールにアクセス。
右上のユーザ名のところから「Security Credentials」もしくは「マイセキュリティ資格情報」を選択。

「User」のタブを選択します

次にユーザ作成をクリックします。

アカウント詳細設定

名前は任意とします。

AWS SDKを使う場合やFTPクライアントを用いてファイルをアップロードする場合は「プログラムによるアクセス」をチェックします。

この作成したアカウントでマネジメントコンソールにアクセスする場合は「AWSマネジメントコンソールへのアクセス」を有効にします。

ここでは「プログラムによるアクセス」のみを洗濯したとして次に進みます。

アカウント権限の設定

S3オブジェクトに対してのreadおよびwriteの設定をします。

まず「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択。

ここで「AmazonS3FullAccess」をチェックします。

フィルターに「S3」と入力すると絞り込むことができます。

この次にタグなどを設定できますが、必須ではないため飛ばします。

アクセスキーIDとシークレットアクセスキー

作業が完了したら最後のページにアクセスキーIDとシークレットアクセスキーが表示されるのでメモしましょう。

この2つのアクセスキーがS3への認証時に必要となります。

ユーザの削除

上記に記した手順でユーザ一覧が表示されるページに遷移します。

消す対象のユーザを選択し、「ユーザの削除」をクリックします。

こんな感じで簡単に削除することができます。

AWSIAMLinuxS3開発環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
404 Motivation Not Found
タイトルとURLをコピーしました