スポンサーリンク

JavaScriptで多次元配列の初期化を行う

JavaScript

スポンサーリンク

概要

JavaScript(ES2015)で多次元配列を任意の値で初期化する方法について。

1次元配列

例えば、

let arr = new Array(5)

と宣言した場合

console.log(arr[0])
// undefined

となります。

ここでfillメソッドを使うことで初期化することができます。

let arr = new Array(5).fill(0)
console.log(JSON.stringify(arr))
// [0,0,0,0,0]

2次元配列

Array.from()を使って浅いコピーを行い2次元行列を生成します。

Array.from(new Array(3), () => new Array(3).fill(0));
console.log(JSON.stringify(arr))
// [[0,0,0],[0,0,0],[0,0,0]]

調べたら色々な方法が出てきますが、見た中で一番スマートな方法はこれだと思います。

ちなみに以下のように生成した場合、参照先が同じ配列となるため、
期待とは異なる配列が生成されるようです。

let arr = new Array(3).fill(new Array(3).fill(0))
console.log(JSON.stringify(arr))
// [[0,0,0],[0,0,0],[0,0,0]]
arr[0][0] = 1
console.log(JSON.stringify(arr))
// [[1,0,0],[1,0,0],[1,0,0]]

3次元配列

2次元配列の生成を応用して3次元配列を生成してみます。
画像のRGB値を扱うときに便利かもしれません。

let arr = Array.from(new Array(3), () => {
    return Array.from(new Array(3), () => new Array(3).fill(0))
})
console.log(JSON.stringify(arr))
// [
//     [[0,0,0],[0,0,0],[0,0,0]],
//     [[0,0,0],[0,0,0],[0,0,0]],
//     [[0,0,0],[0,0,0],[0,0,0]]
// ]

参考

Array.prototype.fill()
fill() メソッドは、配列中の開始位置から終了位置までの要素を固定値で設定します。その際、終了位置は含まれません。
Array.from()
Array.from() メソッドは、配列風オブジェクトや反復可能オブジェクトから、新しい、浅いコピーの Array インスタンスを生成します。
2次元配列の初期化(ES2015) - Qiita
# 1次元配列の初期化 配列を `new Array` で生成すると、各要素が `undefined` の配列が得られます。 ES2015では `fill` メソッドを用いることで、引数の値で初期化してくれます。 ```js va...
タイトルとURLをコピーしました