Proxy環境下で快適に作業する設定メモ

スポンサーリンク




スポンサーリンク

概要

社内Proxy(プロキシ)環境でネットワークに依存したアプリケーションを動かすためにはプロキシの設定を正しく適用する必要があります。
とりあえず、使用頻度が高いアプリケーションの設定メモを書き出します。

なお、この記事ではproxyのURLを

http://PROXY_URL

もしくは

https://PROXY_URL

と表現していますが、環境にあった適切なものを入力してください。

proxyのURLのフォーマットは基本的には

http://ユーザ名:パスワード@ホスト名:ポート番号

といった書式になると思います。

対象環境

Windows 10 + WSL (Ubuntu)
としていますが、下記の設定はMacおよびLinuxどの環境でも流用できる部分が多いかと思います。

Linux / Unix 環境 + WSL環境

bash / zsh

bashrcに以下のように記述します。
~/.bashrc

export http_proxy="http://PROXY_URL"
export https_proxy="http://PROXY_URL"
export ftp_proxy="http://PROXY_URL"

bashrcに記述した場合、アプリケーションによっては個別のproxy設定がいらなくなる場合があります。

curl

設定ファイルに記述せず、コマンドで流す場合。

curl -x PROXY_URL -L url

コマンドに加え、ユーザ名が必要な場合

curl -U ユーザ名:パスワード -x PROXY_URL -L url

設定ファイルに記述する場合、以下の記述を追加します。

~/.curlrc

proxy = "http://PROXY_URL"'
proxy-user = "ユーザ名:パスワード"
curlのプロキシ設定 - なみひらブログ
プロキシ内の環境からcurlを使用する場合に以下の2通りの設定方法があります。コマンドラインで設定する curl -U (ユーザ名):(パスワード) -x proxy.xxx.co.jp:(ポート) -L 設定ファイルで設定する~/.curlrcに以下のように設定します。 ~% cat ~/.curlrc proxy...

wget

コマンドの場合は、

wget -e HTTP_PROXY=PROXY_URL http://example.com

設定ファイルに記述する場合は、以下のファイルに記述します。
/etc/wgetrcもしくは ~/.wgetrc

proxy_user=ユーザ名
proxy_password=パスワード
http_proxy=http://PROXY_URL
https_proxy=http://PROXY_URL

/etc/wgetrcに記述した場合は全ユーザに適用されます。

wgetでproxyを指定する方法 - dak ブログ
wgetでproxy経由でHTMLを取得するには、コマンドラインオプションで-eHTTP_PROXY={proxyホスト名}を指定します。$wget-eHTTP_PROXY=proxy.co.jp'ポート番号を指定する場合には、proxyホスト名の後ろに":{ポート番号}"を追加します。$wget-eHTTP_PROX...
wgetをプロキシ経由で実行する方法 - 趣味プログラマによるOSS開発日誌
必要に追われてwgetをプロキシ経由で実行する必要があり調べてみました。 すでに各所で情報はありますが、折角なのでプロキシを通してwgetを実行する方法を紹介します。 ユーザ毎に設定したい場合 ~/.wgetrcに以下を記述してください。 http_proxy={xxx.xxx.xxx.xxx}:${pp}/ prox...

apt

設定ファイルに記述する場合は以下のようにします。

/etc/apt/apt.conf

Acquire::ftp::proxy "http://PROXY_URL";
Acquire::http::proxy "http://PROXY_URL";
Acquire::https::proxy "http://PROXY_URL";

Git

コマンドから

git config --global http.proxy http://PROXY_URL
git config --global https.proxy http://PROXY_URL
Linux
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
404 Motivation Not Found