Linuxシェル変数と環境変数の違いと、基本的なコマンド 【LinuCお勉強】

Linuxシェル変数と環境変数の違いと、基本的なコマンド 【LinuCお勉強】 Linux




概要

シェル変数と環境変数の話

キーワード:
bash set env export declare

コマンド一覧

シェル変数

設定されたシェルだけが使用する変数。子プロセスには引き継がれない。
setコマンドでシェル変数一覧を表示することができる。

削除するにはunsetコマンドを用いる。

$ test=123
$ set | grep test
test=123

主なシェル変数として以下のものが存在する。

PWD カレントディレクトリの絶対パス
PATH コマンド検索のパス
HOME ユーザのホームディレクトリ
LANG 言語情報

環境変数

設定されたシェルとその起動したプログラムが使用する変数。
子プロセスに引き継がれる。

また、exportコマンドを用いてシェル変数を環境変数にセットする。

envコマンドまたはprintenvで一覧を表示することができる。

$ export test=123
$ env | grep test
test=123