イケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみた!!簡単なグラフを作成してみる!

イケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみた!!簡単なグラフを作成してみる! データベース




概要

イケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみた!!接続から〜簡単なグラフ作成まで!の続き。
簡単なSQLを実行したところからグラフ描画までをやって見ました。

TeamSQLの導入

イケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみた!!接続から〜簡単なグラフ作成まで!
イケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみた!!接続から〜簡単なグラフ作成まで!
概要Qiitaで少し話題になってたイケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみました。とりあえず、接続するところから簡単なグラフの作成までを行ってみました。ちなみにTeamSQLは2016年にはリリースしていたようです。T...

こちらから。

データの用意

グラフに表示させるデータを用意します。


今回の場合、ブログの「投稿日」と「投稿した文字列の長さ」を取得しています。
ここでオレンジ色のChartsボタンを押すとグラフ用の別ウィンドウが立ち上がります。

グラフの設定


ここでグラフの設定を行っていきます。


このようにSOURCE に取得したデータのカラム名を設定し、
LABELなどには適当な値を設定します。


MEASUREとDIMENSIONに取得したデータをそれぞれ設定します。
Filterに関しては特に設定していません。

orderやwhereでフィルタをかけた方が早いと思います。

グラフの表示


APPLYボタンを押下するとグラフが描画されます。
これは棒グラフを選択した時の様子です。


円グラフにするとこんな感じです。


これは何に使うのでしょうか。。。

他にも折れ線グラフなどが選択できます。

描画の設定

Chart Optionsから細かい設定を行うことができます。

これは、グラフのラベルの設定などを変更してみました。

これがグラフ設定の一連の流れになると思います。

余談ですが操作中にアップデートの通知が来るとこんな感じになります。

とても邪魔ですが、Restart & Installを実行すると直前の作業の状態のまま復活します。

参考

イケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみた!!接続から〜簡単なグラフ作成まで!
イケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみた!!接続から〜簡単なグラフ作成まで!
概要Qiitaで少し話題になってたイケてるSQLクライアント、TeamSQLを使ってみました。とりあえず、接続するところから簡単なグラフの作成までを行ってみました。ちなみにTeamSQLは2016年にはリリースしていたようです。T...