JavaScript + canvasで画像変換処理をするときのスニペット

JavaScript + canvasで画像変換処理をするときのスニペット HTML




概要

canvasはJSによって図形などを描画する際に使われます。
canvasに描画された画像はピクセルに対して参照・操作することが可能なので、
これを用いて画像変換処理を行うことができます。


デモ画像

この記事では自分がよく使うスニペットを置いときます
(自分用メモ、※随時更新中)

ソース


変換後の画像例です。
基本的にはImageDataオブジェクトを利用することで、画像はピクセルに対して参照・操作することが可能なのです。
ImageData.dataは1次元の画像配列で[r,g,b,a,r,g,b,a,….]といった形で格納されてます。

グレイスケール


let src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
let dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
    let x = (src.data[i] + src.data[i + 1] + src.data[i + 2]) / 3
    dst.data[i] = dst.data[i + 1] = dst.data[i + 2] = x
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}

2値化


let src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
let dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
    let x = (src.data[i] + src.data[i + 1] + src.data[i + 2]) / 3
    if (int_thresh > x) {
        x = 255
    } else {
        x = 0
    }
    dst.data[i] = dst.data[i + 1] = dst.data[i + 2] = x
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}

ネガポジ変換


let src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
let dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
for (let i = 0; i < src.data.length; i = i + 4) {
    dst.data[i] = Math.abs(255 - src.data[i])
    dst.data[i + 1] = Math.abs(255 - src.data[i + 1])
    dst.data[i + 2] = Math.abs(255 - src.data[i + 2])
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}

ガンマ補正


let src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height)
let dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height)
int_g = int_g || 2.0
const correctify = val => 255 * Math.pow(val / 255, 1 / int_g)
for (let i = 0; i < src.data.length; i += 4) {
    dst.data[i] = correctify(src.data[i])
    dst.data[i + 1] = correctify(src.data[i + 1])
    dst.data[i + 2] = correctify(src.data[i + 2])
    dst.data[i + 3] = src.data[i + 3]
}

デモ

別ウィンドウで開く

関連

FileAPIで画像を読み込み → canvasに描画
概要「FileAPIを使って画像を読み込み、イベント終了と同時に自動的にcanvasに描画したい!」FileAPIを使って読み込んだ画像を、imgタグを使って画像を表示をすることは容易であったが、canvasに描画するのに少々手間...
【JavaScript】K-meansを使って画像を減色する。全てフルスクラッチ【canvas】
概要K-menasで画像を減色してみた。JavaScript + canvasを使用。OpenCVとかライブラリは使わず全てフルスクラッチK-meansクラスタリングなどを行う際の定番なアルゴリズムです。Wikipedia...

変数名ってなんでもいいよね...